キャバクラ求人TOPコラムキャバクラで出戻りが多い理由とは?同じお店に出戻れる?

キャバクラで出戻りが多い理由とは?同じお店に出戻れる?

キャバクラで出戻りが多い理由とは?同じお店に出戻れる?

キャバクラなどの水商売は稼げるお仕事ですが、年齢的なタイムリミットがあるためいつまでも働くことはできません。

しかし、そうとは理解していながらも昼職に転職してから夜職に舞い戻ってしまう、いわゆる「出戻り」のキャバ嬢はかなり多いです。

一体なぜ昼職は長続きしないのでしょうか。

キャバクラで出戻りが多い理由とは何なのでしょうか。この記事では昼職から夜職への出戻りについて詳しくお話していきます。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの出戻りとは

キャバクラの出戻りとは

「出戻り」とは、もともとは離婚して実家に戻る女性のことを揶揄する言葉でした。現在では一般的に、一度辞めた職場や業界に戻ってくることを指します。

キャバクラなど水商売の業界においても、一度辞めてから戻ってくる人のことを出戻りといいます。

また、一度帰ったはずのお客さんがその日のうちに再来店することもこのように言う場合も多く、キャバクラで「出戻り」と言うときはそのどちらかです。

この記事では前者、「辞めてから戻ってくるキャバ嬢」についてお話いたします。

キャバクラ業界は稼げるけど長く続けられない

キャバクラ業界は稼げるけど長く続けられない

キャバクラの「若い方が稼げる」業界です。30代、40代のキャバ嬢も存在しますが、やはり花形となるのは20代前半のキャバ嬢。歳を重ねるほどに働きづらくなるのは致し方ないことです。

やはりキャバクラは「見た目重視」。普段会えないような可愛い女の子とお酒を飲みたいというお客さんが訪れる場所なので、ルックスやスタイルなどの面でふるいに掛けられます。

年齢を重ねるほどに新たに始めづらくなる、明確なタイムリミットが存在するお仕事だといえるのです(もちろん30代以上でも若々しさを保ってキャバ嬢を続ける方もいます)。

そのため30代に差し掛かると同時にキャバ嬢のお仕事を辞め、一般的な職業(昼職)に就く方が大半となっています。

しかしながら、昼職に就いたものの「やっぱり何か違う…」と感じ、もう一度夜の業界に戻ってきてしまう方が一定数います。一体なぜなのでしょうか?

ここからはキャバ嬢に出戻りが多い理由について分析してみたいと思います。

キャバ嬢に出戻りが多い理由とは?

キャバ嬢に出戻りが多い理由とは?

いったいなぜキャバ嬢には出戻りが多いのでしょうか?

それには様々な理由があります。

ここからは出戻りが多い理由についていくつか紹介したいと思います。

お給料・稼ぎに違いがある

お給料・稼ぎに違いがある

キャバクラは一般的な職業よりもかなり稼げます。やはり水商売ですから時給は普通のアルバイトより高いですし、イベント等では数十万を一晩で稼ぐことも可能となります。

問題なのは生活のレベルです。一度上がってしまった生活水準はなかなか落とせないもの。キャバクラというお仕事を続けてきたからこそできた贅沢も、昼職を始めてからはそうそうできなくなります。

一部のキャバ嬢は、夜職を辞めて昼職をはじめてからこの壁にぶち当たってしまうようです。その結果出戻りを選択してしまう方もなかにはいます。

目標もなくキャバクラを辞めてしまった

目標もなくキャバクラを辞めてしまった

先ほどもお話した通り、キャバクラを辞めて昼職に戻るとそのぶん稼げなくなるというデメリットがあります。夜職よりも稼げない業界で働くとなれば、やはり何かしら目標となるものがなくてはいけません。

たとえば「正社員になる」でもいいですし、「お金を貯める」でも構いません。目標を持って働くことで長続きするようになりますし、夜職から離れやすくなります。

反対になんの目標もなく辞めてしまった方は、より稼げるキャバクラのお仕事に戻りたくなってしまう人が多いです。

生活リズムを戻すのが大変

生活リズムを戻すのが大変

キャバクラは一般的に夜の営業なので、週5でラストまで働いているとどうしても夜型の生活になってしまいます。いちどパターン化してしまった生活リズムをもとに戻すのはなかなか難しいものです。

水商売を辞めた方のなかには、生活リズムがどうしても体に馴染まなくて昼職を辞めざるをえなくなった、という方もいます。このように、体調の問題から夜職に戻ってしまう方も少なからずいらっしゃるようです。

不安な方は「日の光を浴びる」「きちんと起きた時間に朝食を食べる」など生活リズムを整えるための環境づくりを行うのがおすすめです。

夜職は昼職よりも楽しい

夜職は昼職よりも楽しい

キャバクラ業界は昼職よりも楽しいです。昼職を続けていても出会えないような著名な人と会えますし、大企業の役員などお金持ちの男性と知り合うこともできます。

またお客さんと楽しく会話しながら稼ぐというのが性に合っているという方もいます。そのような人にとって、一般的な昼職、ましてや黙々とこなすような事務作業は苦痛といっても過言ではありません。

キャバクラのお仕事が楽しいから、という理由で戻ってくる方もかなりの数います。やはりそれだけ魅力のある業界ということでしょうか。

キャバクラにおいて出戻りは悪いことではない

キャバクラにおいて出戻りは悪いことではない

キャバクラ業界において、出戻りは決して悪いことではありません。むしろ歓迎されることも多いです。なぜなら、元キャバ嬢だということはお仕事をある程度こなせるという見込みがあるということでもあるからです。

いくら外見の整った新人でも、キャバ嬢という特殊なお仕事を覚えていくにはそれなりの時間を要します。経験者はすぐに戦力になるため、歓迎するお店が大半です。実際ナイトジョブでも、経験者歓迎の求人を多数掲載しています。

デメリットがあるとすれば、いつまでも働くことができないということです。キャバ嬢は年齢的なリミットがあるので、年齢を重ねるごとに働きにくくなります。

また30代後半になってキャバクラを辞めて昼職に挑戦するよりも、20代後半で転職した方が就ける職種の幅が広いです。そのため出戻りをするとしても早いうちに決断して、目標を持って次のステップへ進むというのが重要になってきます。

同じキャバクラに出戻りはできる?

同じキャバクラに出戻りはできる?

多くのキャバ嬢が気にしているであろう「同じ店に出戻りできるのか」という疑問。

キャバクラのお仕事を辞めたはいいものの「やっぱり稼げるから出戻りしたい…」「よく知っているお店で働きたいけど、もう一度雇ってくれるか不安…」という方も少なくないと思います。

結論から言えば元いたお店に出戻りすることは可能です。キャバクラは人手の足りない業界なので、快く出戻りを受け入れてくれるお店はかなり多いといえます。

しかし辞め方によっては再度働くことが難しい場合もあります。たとえばお店のキャストやスタッフとトラブルを起こして辞めた場合や、問題行動によって辞めざるを得なくなってしまった場合は出戻りできない可能性があるので、注意しましょう。

元キャバ嬢が出戻りせず昼職を続けるには

元キャバ嬢が出戻りせず昼職を続けるには

できるだけ長く昼職を続けたいという方も多いと思います。出戻りせず、昼職でスキルアップを目指すにはどうすればいいのでしょうか?

一番に言えるのは年収に相応の生活水準を受け入れることです。キャバ嬢として働いていた頃にしていた贅沢は滅多にできませんが、そのぶん堅実な暮らしを手に入れることができます。

また業種にもよりますが、大抵の昼職はキャバクラのお仕事のような派手さはありません。キャバクラの仕事に楽しさを感じていた方は、昼職にも同様の「楽しさ」「やりがい」を見いだせるかがポイントだといえるでしょう。

仕事はあくまでも仕事ですが、やはりやりがいを感じながらできる職業のほうが長続きします。そういう職業を見つけるためには自分の性格や特性についてよく理解し、向いている職種を選ぶ必要があるといえるでしょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバ嬢に出戻りが多い理由についてお話いたしました。

キャバクラ業界は楽しいうえに稼げるのですが、定年まで働けないのが難点。いつかは辞めなければいけないお仕事なので、出戻りするにしても期間や目標を決めることが重要です。

いくら稼いだら次のステップに進む、資格を取得するまで続ける、など自分の将来のことも考えながらお仕事するのがおすすめです!

ナイトジョブでは経験者優遇の求人も多数掲載しているので、キャバクラ業界への出戻りをお考えの方はぜひ当サイトをご利用ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!