キャバクラ求人TOPコラム掛け持ちは可能?キャバクラでWワークできるケースについて解説!

掛け持ちは可能?キャバクラでWワークできるケースについて解説!

掛け持ちは可能?キャバクラでWワークできるケースについて解説!

キャバクラで働いている人や、働こうと考えている人のなかには、掛け持ちを考えている方もいらっしゃることと思います。

アルバイトやパートなどでは許されることが多い掛け持ちですが、キャバクラなどの水商売においてはどうなのでしょうか。

今回はキャバクラの掛け持ちについて、詳しく解説していきます。

キャバクラは掛け持ちできる?

キャバクラは掛け持ちできる?

一般的なアルバイトやパートでは、基本的には掛け持ちが許されています。

掛け持ちをすれば「シフトを入れたくても入れない」ということがなくなり、無駄なく働くことができるというメリットがあります。

なのでキャバクラでも、掛け持ちをして働きたいと考える方は多いことでしょう。

実際のところ2店舗以上のキャバクラ店でWワークすることは、キャバクラ業界では許されているのでしょうか?

キャバクラで掛け持ちは原則禁止!

キャバクラで掛け持ちは原則禁止!

結論から言えば、キャバクラでの掛け持ちは禁止されている場合がほとんどです。

その理由は後述いたしますが、「お客さんを他店に取られる可能性がある」「ファンの獲得が難しい」などが挙げられます。

一応、稀にですがWワーク可能なお店も、エリアごとに数店舗は存在します。

ですが、大半のお店では難しいと考えたほうがいいでしょう。

またキャバクラの掛け持ちに限らず、ガールズバーやラウンジなど、似ている業種との掛け持ちもできない場合がほとんどです。

もし掛け持ちで働きたいのであれば、数少ないWワーク可能な店舗を探す必要があります。

昼職との掛け持ちは可能

昼職との掛け持ちは可能

キャバクラとキャバクラの掛け持ちは禁止されている場合がほとんど。

ですが、昼職とのWワークは基本的にどのお店でも可能となっています。

実際、キャバクラ店には昼職をしながら夜はキャバ嬢として働いている女性がたくさんいます。

キャバクラと昼職の掛け持ちについてはコチラの記事をご覧ください。⇒ナイトワークと昼職を掛け持ち!おすすめの職業は?

キャバクラ2店舗の掛け持ちはなぜ禁止なのか

キャバクラ2店舗の掛け持ちはなぜ禁止なのか

さて、キャバクラではなぜ掛け持ちが禁止されているのでしょうか?

ここからはその理由について「店側」「キャスト側」「お客さん側」の3つの視点からお話しいたします。

店舗側の理由

キャバクラ店にとって、キャストは大事な存在です。

なぜなら、キャストがお客さんと仲良くなったり、お店に連れてくることでお店側は利益を得ているからです。

もし他店で働くとなると、お客さんまで他店に持っていかれる可能性があります。

そのため、一度入店したキャストにはできる限り集中して働いてもらいたいのです。

また、フル出勤できないと成績が伸び悩む子も多く、売り上げにつながらないというデメリットもあります。

新人キャストの教育という観点からも、やはり掛け持ちではなく一店舗で働くべきだと考えられています。

キャスト側の理由

店舗側だけではなく、キャスト側にも掛け持ちをしないほうがいい理由があります。

一番大きな理由は「体力的なキツさ」です。

掛け持ちをして休みなく働くのは、かなり体力的にキツいものがあります。

また、純粋に一店舗ごとの出勤時間が減って、ファンの獲得が難しくなるというデメリットもあります。

キャバクラはお客さんとの関係を築いて、ファンになってもらうことではじめて稼げるようになる職業です。

出勤が少なくなることで、関係構築の機会が減ってしまっては本末転倒。

複数の店舗で働くよりも、一店舗で集中して働くほうが結果的には稼げます。

お客さん側の理由

掛け持ちはお客さんにとってもデメリットになります。

一番大きいのは、好きなキャストに会う機会が減ってしまう、ということです。

折角お気に入りのキャバ嬢がいても、出勤していないのなら行く意味がありません。

掛け持ちがトラブルにつながる可能性も

掛け持ちがトラブルにつながる可能性も

前述の通り、キャバクラの掛け持ちはキャストにとってもデメリットがあります。

さらにもう一つ、欠点を挙げるとすればそれは「トラブルにつながるリスク」です。

知らずに行ったとしても、お店側とのトラブルに発展する恐れがあるので注意しなければなりません。

たとえば解雇や給料の支払い拒否、悪質な場合は損害金を請求されるケースもあります。

のみならず、他店とのトラブルにつながる恐れもあり、なかなか面倒です。

どうしても掛け持ちしたいのであればお店の許可を得ましょう。

掛け持ちが許される場合もある

掛け持ちが許される場合もある

上記では掛け持ちがNGとなるケースを紹介してきましたが、許される場合もなかにはあります。

たとえば以下のような場合は、掛け持ちしてもいいとお店側が判断することも多いです。

系列店であれば基本OK

グループ店の場合、同系列のグループ店であれば掛け持ちOKという場合もあります。

なぜならグループ全体の売り上げになるからです。

そのため、系列店であれば掛け持ちOKになるケースがあります。

朝・昼キャバや派遣は許される率が高い

例外的に、朝昼キャバは夜のキャバクラと客層が違うなどの理由から掛け持ちOKとなることもあるようです。

ただし、朝昼キャバと夜キャバの一日二回出勤するのはかなりの疲労です。

体力に自信がある人でなければ、難しいかもしれません。

またエリアを変えるのであれば派遣に登録して派遣キャバ嬢として働くのはOK、というパターンも稀にあります。

なんにせよ、エリアと時間帯が異なれば働いても良いという

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNightjobで

いかがでしょうか。

キャバクラでは基本的に掛け持ちNGですが、例外的に可能な場合もあります。

なんにせよ、もし掛け持ちしたい場合は許可を取って行うようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!