キャバクラ求人TOPコラム体験入店ってどんなの?大阪のキャバクラ求人に即日体入が多い理由

体験入店ってどんなの?大阪のキャバクラ求人に即日体入が多い理由

公開日:2020.10.1

体験入店ってどんなの?大阪のキャバクラ求人に即日体入が多い理由

こんにちは!ナイトジョブ編集部です。

キャバクラ求人に応募して一番最初にすることは面接。
コラムでも「5分でチェック!面接官がよく聞く質問まとめ【大阪キャバクラ求人】」など、面接に関することはいくつか書いてます。
さて、面接の先に待ち受けるもの……それは「体験入店」です。
初めてお店でお仕事を体験する、緊張の一瞬だと思います。
今回はキャバクラ初体験なあなたのために、そんな体験入店がどんなものなのか、ということについて解説していきます!

キャバクラの体験入店ってどんなの?

キャバクラの体験入店ってどんなの?

体験入店とは、雇用契約を結ぶ前にお仕事を体験する制度を指します。
「このお店のスタッフになります!」とお店と約束する前に、実際に働いてみてどんな感じなのか知っておく……いわば軽い職業体験みたいな感じです。

キャバクラは北新地や心斎橋などのいわゆる歓楽街にはたくさんあり、また求人もかなりの数あります。
本当に自分にあっているお店かどうか検討するためには、やはり体験入店は欠かせないのです。

体験入店のお給料は日払いです!

体験入店のお給料は日払いです!

キャバクラの体験入店のうれしいところは、お給料が日払いという点です。
キャバクラやラウンジ、クラブには月給制のお店もありますが、お店で働くかどうかまだわからない体験入店の女の子にはその日にお給料を手渡すようにしているのです。

初心者さん
初心者さん
これは絶対モチベ上がる…

ちなみに気になる時給ですが、さすがにいきなり時給8,000とか10,000円ってお店はごく稀です。
だいたいどこも時給3,000円~5,000円くらいになっています。
ヘアメイク代やドレスレンタル代、送り代などを除いたら、だいたい15,000~20,000円くらい持って帰る子が多いかな、という印象。
もちろんこれ以上のお店も存在します。

キャバクラの体験入店、必要な持ち物は?

キャバクラの体験入店は、面接したその日に…ということもあり得ます。
このような流れで体験入店することを「即日体入」といいます。
さて、その日のうちに体験入店をしたい場合、キャバ嬢に必要な持ち物をいくつか持っておく必要があります。
体入に持って行った方がいいものを挙げていきます。

キャバクラの体入に必要なもの

  • 顔写真付き身分証明書(免許証など)
  • 筆記用具や手帳
  • ヒールのある靴
  • ストッキング

もし18歳未満の子を働かせたらお店的にもヤバいので、即日体入をしたいのであれば写真付きの免許証が必要になります。
あと意外と大事なのがヒールのある靴。
ドレスはレンタルしてくれるお店が多いのですが、靴に関してはサイズなどもあるため、自分で用意した方が無難かと思います。

体験入店の流れを解説

応募

①応募

ナイトジョブなど求人媒体でお仕事を探して応募します。
電話・メール・LINEどれでも可能です。

面接

②面接

採用スタッフと連絡を取り、面接の日程を決めます。
面接は事務所やカフェなどで行います。

体験入店

③体験入店

お店で体験入店をします。
面接からすぐ体験入店に進む場合もあれば、後日の場合もあります。

入店

④入店

体験入店したお店が気に入れば本入店となります。
気に入らなければほかの求人を探しましょう。

大阪のキャバクラ求人に即日体入が多い理由

大阪の北新地難波などのキャバクラは即日体入のお店が数多くあります。
ミナミや北新地は西日本最大ともいえるキャバクラ激戦区であるため、常に人手が足りません。
そのため、即戦力になってほしいと考えるお店が多いのです。
あと飲食店や居酒屋にも言えることですが、「習うより慣れよ」なお店が多いと個人的にはそう思います。
即日入店のお店の良い点は、サクサク進むことです。
思い立って応募したら一週間も経たずにキャバ嬢デビュー……というように、あっという間にお給料を手にすることができます。

大阪のキャバクラ体験入店はNightjobで

いかがでしたか?
自分ってキャバクラに向いてるのかな?
このお店に応募して間違いはないだろうか?

そんな疑問がある方はぜひ体験入店で働き始めるかどうか検討してみていただきたいと思います。
体験入店はお仕事を体験する貴重な機会です。
ぜひ充実したキャバクラデビューを果たしてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら入店祝い金5万円もらえます!