キャバクラ求人TOPコラム甘え上手になろう!悪いキャバ嬢のための“おねだり”テクニック3選

甘え上手になろう!悪いキャバ嬢のための“おねだり”テクニック3選

公開日:2020.11.10

甘え上手になろう!悪いキャバ嬢のための“おねだり”テクニック3選

突然ですが、あなたはキャバ嬢に欠かせないテクニックってなんだかわかりますか?

初心者さん
初心者さん
え~お酒をうまく作る方法とか??

と思った方、あなたは残念ながらキャバ嬢には向いていません…。

といっても、このタイトルを読んでページに飛んだ人の多くはそんな答えしないはずです。

そう…キャバ嬢に一番大事なテク、それは「甘え上手」になること。

悪い女になりましょうよ。

せっかくこの業界に入るなら。

というわけで、今回はキャバ嬢に欠かせない「おねだり」についてのお話です。

キャバクラでは甘え上手になれ!ポイントは“感情をオープンに”

キャバクラでは甘え上手になれ!ポイントは“感情をオープンに”

すごく簡単な話です。

基本、男性は頼られるのが好きな生き物なんですよ。

初心者さん
初心者さん
実は今月厳しくってさ…
お店来てくれたらうれしいな♡

極端な話、こういうこと言われると「助けてあげたい…」って思うのがキャバクラに来るような男性の特徴なんですよ。

女性からのお願いには弱いんです。

初心者さん
初心者さん
喉乾いちゃいました~
ドリンクもらっていい?

みたいなことを、フランクに言える女の子のほうが得します。

おねだり上手な女の子のほうが、キャバ嬢には向いています。

ポイントは、「感情をできるだけ表に出す」ということ。

初心者のキャバ嬢さんは、「お客さんに失礼かも」と考え、ドリンクのおねだりもためらってしまう方が多いです。

そんな子のために、はっきり言います。

キャバ嬢に“失礼”なんて概念はない!

…ごめんなさい、それは言い過ぎかもしれません。

ですがキャバクラは、中にはお客さんにタメ口で話す女の子もいるくらい寛容というか、いい意味で無礼講な世界なんです。

むしろそういう“わがまま”や“失礼”をテクニックとして使える女の子のほうが、この業界に向いているといえます。

感情をできるだけオープンにして「ドリンク飲みたい」「指名がほしい」など、上手におねだりできるようになりましょう。

断れない男性が大多数。だから、上手に甘えよう

断れない男性が大多数。だから、上手に甘えよう

さっきも言いましたが、女性に甘えられて嫌な気分になる男性はいません。

いえ、中にはそんな人もいるかもですが、甘えられるのが嫌いな人はそもそもキャバクラには来ません。

キャバクラに来る男性は甘えられたい方や、女性から頼まれると断れない性分の方が多いです。

しかし、だからといってワガママ放題言っていいというわけではありません。

たとえば…

初心者さん
初心者さん
このネックレス欲しいな~
ねえ、買ってよ♡

みたいなワガママを言われて喜ぶ男性もいます。

しかし、なかには経済的な余裕がないのに見栄を張ってプレゼントしてしまい、そのことが原因で、

お客さん
お客さん
また何か買えって言われるし…この子にはもう会わないほうがいいかも

という判断をされてしまう恐れもあります。

とくに若いお客さんは特に、尊敬されたいとかアピールしたいという願望から身の丈以上のことをしてしまう方が多いんです。

反対に30代、40代の男性のなかには、好かれるならむしろじゃんじゃんプレゼントしたいというような人もいます。

ようは、相手を見なさいよ、ということ。

“相手にとって重荷にならない上手なおねだり”を身に付ける必要があります。

キャバ嬢なら絶対身に付けるべき!相手に合わせた“おねだり”テクニック3選

キャバクラでは相手の状況をみつつ、上手に甘えることが大事です。

ここからは多くのキャバ嬢さんが使ってる“おねだり”のテクニックを3つご紹介。

新人キャバ嬢さんはぜひ参考にしてください!

ドリンクのおねだりはお話した後で

ドリンクのおねだりはお話した後で

これはものすごーく基本的なテクニックなので、初心者にも簡単にできます。

たとえばドリンクをおねだりするとき、席についていきなりはちょっと図々しい印象を与えてしまうもの。

もちろんお客さんがご馳走するよと言ってくれている場合は良いんですが、そうでなければ相手の出方を見る必要があるのです。

会話をしてある程度うちとけた後で「一緒に乾杯したいのですが、ドリンク頼んでもいいでしょうか??」と頼んでみましょう。

ある程度場が温まってからおねだりすると、図々しく思われないのでおすすめです!

「もうちょっと一緒にいたいな…」と延長を頼んでみる

「もうちょっと一緒にいたいな…」と延長を頼んでみる

キャバクラに来るお客さんの中には、シャンパンなど高いお酒には手を出せない…という方も多いです。

お金は持ってるのに1セットだけで帰る、ケチケチした人も少なくないです、ぶっちゃけ。

そんな人の財布のヒモを緩ませる一言が「もっと一緒にいたい」

高いボトルを入れてほしいとか、高価なプレゼントがほしい、みたいなおねだりをハナからするのではなく、「さみしい~」「帰っちゃだめ~」から始めてみましょう。

延長は高いお酒には手が出ない人でも比較的やりやすいですし、親密度アップも狙えます。

そして親密度がアップすれば…後々のおねだりやお願いもしやすくなります。

記念日のおねだりは謙虚に

記念日のおねだりは謙虚に

勘の良い人はすでにお分かりかと思いますが、キャバ嬢のおねだりテクニックの根幹には「謙虚さ」があります。

思ってもすぐに言わない、すぐおねだりしない、というのがポイントなんです。

たとえばそれは、お客さんからの誕生日プレゼントでも同じ。

お客さん
お客さん
誕生日のプレゼントは何がほしい?

と聞かれて、ついつい高いアクセサリーやブランド品の名前を口にしてしまうようではいけません。

え~うれしい!
〇〇さんが選んでくれるならなんでもうれしいです~♡
ベテランキャバ嬢
ベテランキャバ嬢

このように答えましょう。

加えて、アピールするんです。高価なプレゼントをもらってることを。

インスタグラムやLINEのタイムラインで、ほかのお客さんから高価なプレゼントをもらったことや、自分で買ったものを載せましょう。

こうすることで「ちょっとやそっとのプレゼントでは靡かない」というアピールをすることができます。

態度には出さず、口では謙虚にしつつ“こういうのがいい”と暗にプレッシャーを掛けましょう!

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNightjob

いかがでしたか?

キャバクラではおねだり上手のほうが売れる、というお話でした。

男性に甘えたりおねだりするのは、最初のうちは難しいかもしれません。

ですがむしろそれで喜ぶ男性も多いので、上手な甘え方を覚えていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

北新地・ミナミのキャバクラ求人一覧

今なら入店祝い金5万円もらえます!