キャバクラ求人TOPコラムラウンジとキャバクラの違いとは?客層や服装など徹底解説!

ラウンジとキャバクラの違いとは?客層や服装など徹底解説!

公開日:2021.6.28

ラウンジとキャバクラの違いとは?客層や服装など徹底解説!

こんにちは。ナイトジョブ編集部です。

当サイトではキャバクラクラブの求人に加え、ラウンジの店舗情報も掲載しています。ラウンジ求人をお探しの方はぜひご応募ください。

ラウンジとはどのようなお店なのでしょうか?

この記事ではキャバクラとラウンジの違いについて詳しく解説いたします。

ラウンジとは?

ラウンジとは?

ラウンジはクラブとスナック・バーの中間のようなお店です。

お店の女性ホステスが、ボックスシートで接客します。クラブとの違いは、ラフな雰囲気という点。料金等も良心的に設定されています。

クラブについてはコチラ⇒
【特集】安心度100%!稼げる度200%!北新地の高級・会員制クラブ求人【8選】

落ち着いた雰囲気のお店が多く、年齢層も高めです。華やかな高級クラブや高級キャバクラと比べるとカジュアルで、働きやすいといった特徴もあります。

≪≪ラウンジの求人情報はコチラ

キャバクラとラウンジの違い

キャバクラとラウンジの違い

ラウンジも広義にはキャバクラと同じ「水商売」の一つとされています。

キャバクラとラウンジにはどのような違いがあるのでしょうか?ここからは詳しい違いについてお話していきます。

客層や年齢が違う

客層や年齢が違う

キャバクラは指名制のお店が多く、特定のキャストを目当てにお店を訪れるお客さんが多いです。それは疑似恋愛的な要素が強いということを意味します。なかにはそうした関係性を武器にした「色恋営業」を行う女性も数多くいます。

たいしてラウンジは、ボックス席にてスタッフ複数で接客を行うというお店です。そのため、客層はスタッフ個人を目的とした人よりも、場の楽しい雰囲気に惹かれて訪れる人に寄っています。

また年齢層も異なり、キャバクラはどちらかというと若い方が多く、ラウンジは比較的年配の方が多いです。ラウンジのほうがスタッフの年齢が高いため、訪れるお客さんの年齢層も高い傾向にあります。

私服で働くことができる

私服で働くことができる

キャバクラの身だしなみ・服装の決まりはお店ごとに違いますが、ほとんどのお店は露出の多い「キャバドレス」を身にまとって接客します。

一方、ラウンジでは私服でも働けるお店が多いです。服装に関する細かい取り決めは様々ですが、私服のワンピースなど比較的カジュアルな格好で働ける場合がほとんど。

とはいえ、ラウンジなどの水商売で働くうえでドレスは一着以上は持っておくのがお勧めです。

コチラのページではドレスの購入におすすめの通販サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

≪≪初心者必見!キャバドレスの通販サイト、おすすめはどこ?安いのは?

接客方法が違う

接客方法が違う

キャバクラもラウンジも、男性客を接待するという意味では仕事内容は同じです。しかしながらそのスタイルは大きく異なります。具体的には、キャバクラはマンツーマンでの接客、ラウンジはスタッフ数名での複数接客です。

キャバクラではお客さんに対して一対一で接し、特定のキャストとお客さんの関係を重視します。ラウンジにも係とよばれる指名システムはあるものの、他のキャストとチームで接客するといった感じです。

指名制の有無

指名制の有無

キャバクラは指名制で、ラウンジは係(担当)制です。

「係」はお客さんと連絡を取って、お店にその人が来たらメインで接客を行います。指名との違いは、ノルマの有無です。

キャバクラでは指名してもらい、「月にいくらまで」といった売り上げノルマを達成しなければなりません。そのためたくさんの指名をもらう必要があるのです。なかにはノルマ未達成だとペナルティがあるお店も存在します。

≪≪ノルマなしの求人はこちら

一方、指名制ではないラウンジはノルマや罰則がなく、お客さんとのやり取りや同伴の約束などをこなすのみとなっています。

お給料やバックの違い

お給料やバックの違い
  • キャバクラの時給
    3,000~10,000円
  • ラウンジの時給
    1,500~4,000円

キャバクラにはドリンクバックや同伴バックなど「バック」がお給料にプラスされます。また指名料もこのバックに含まれ、売れているキャストは実際の時給よりも多く貰える場合がほとんどです。

ラウンジはそうしたバックがなく、売り上げやお店への貢献がインセンティブとして支払われることはありません。その代わり、ペナルティによる給料カットは少ないので、安定しているというメリットがあります。

ラウンジの仕事内容

ラウンジの仕事内容

ラウンジのお仕事はざっくりいえばキャバクラと同じです。お酒を作り、接客でお客さんに楽しんでもらいます。指名の制度がない点と、料金がセット料金(何時間いてもOK)だという点がサービスの大きな違いです。

さて、そんなラウンジのお仕事内容について解説していきます。

お酒を作る

お酒を作る

ラウンジではお客さんの飲むお酒を作るのはキャストの仕事です。

水割りなど、それほど難しいものではないので、流れで覚えましょう。

結構重要なのは、常連のお客さんがいつも飲むお酒を覚えることです。ラウンジはクラブと同じで、常連のお客さんを大事にする傾向にあります。お仕事に慣れてきたら、頻繁に来るお客さんが飲むお酒を把握するようにしましょう。

ほかにも、おしぼりを手渡したり、お客さんのタバコに火をつけるなどといった接客も、キャストの役割です。こちらも難しいことはないので、覚えておきましょう。

連絡先の交換

連絡先の交換

ラウンジはクラブよりも取り決めが緩く、お客さんとの連絡先交換や店外でのやり取りを必須としないお店も多いです。しかしながら、やはりお店からしてみると店外でやり取りをしてお客さんを呼んでくれるようなキャストは重宝するもの。

ラインやメール、電話での営業をすると、やる気があるとお店側から評価されて時給が上がることもあります。そのため、連絡先は積極的に行うキャストが多いです。

お客さんと話す

お客さんと話す

お客さんと話すのは、ラウンジではメインのお仕事です。ただお酒を提供するだけで良いなら、お客さんは他のバーや居酒屋で呑んでいるはず。ラウンジに来るということはどんな方でも、キャストとのコミュニケーションを求めているのです。

そのためラウンジで働くためには水商売独特の会話スキルを磨く必要があります。といっても、はじめから上手こなさなくてもOKです。お店の雰囲気やお客さんに慣れつつ、先輩スタッフに教えてもらいながら身につけていきましょう。

最初はとにかくお客さんの話をよく聞く、「聞き役」に徹するのがお勧めです。

水商売における会話のテクニックについてはコチラの記事もご覧ください。
≪≪キャバクラでの「話題」に困ったら…?キャバ嬢必見の盛り上がる会話術

おすすめのラウンジ求人

ここからはナイトジョブおすすめのラウンジ求人を紹いたします。

そのほかのラウンジ求人をご覧になりたい方はコチラ。

≪≪ラウンジ求人を見る

  • 店名:咲(サキ)
  • 時給:3000円~
  • 時間:20:00~1:00
  • アクセス:「心斎橋駅」「なんば駅」「日本橋駅」より徒歩5~8分

白い虹

  • 店名:白い虹(シロイニジ)
  • 時給:2000~3500円
  • 時間:20:00~1:00
  • アクセス:「心斎橋駅」「なんば駅」「日本橋駅」より徒歩5~8分

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight job

いかがでしたか?

今回はラウンジとは何か、キャバクラとラウンジの違いについてお話しました。

当サイトではキャバクラやクラブに加えてラウンジの求人も多数掲載しております。

ラウンジの求人をお探しの方は専用ページから店舗をお探しください。

≪≪ラウンジの求人情報はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!