キャバクラ求人TOPコラムキャバクラの罰金は法律的にアウト?キャバ嬢のペナルティについて解説

キャバクラの罰金は法律的にアウト?キャバ嬢のペナルティについて解説

公開日:2021.8.16

キャバクラの罰金は法律的にアウト?キャバ嬢のペナルティについて解説

こんにちは。ナイトジョブ編集部です。

働く職場によって様々なルールがあります。例えばキャバクラであれば、遅刻や早退に厳しいお店が多く、なかには罰金などのペナルティを課しているお店も少なくありません。

一部のキャバクラ店にあるような罰金や減給などのペナルティですが……実はキャストに対して金銭的な罰則を課すことは法律に違反しています。

初心者さん
初心者さん
え?そうなの?普通に払ってたわ…

この記事ではキャバクラの罰金・減給とその支払い義務について詳しくお話していきます。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの罰金・減給ってどんなの?

キャバクラ店はどこも人手が足りないため、売り上げや人員を確保するために罰金や減給制度を設けているお店がかなりの数存在します。

罰則を設けることによってキャストの気を引き締め、規律を持って働いてもらうのが目的です。

主な罰金・減給の要因として、以下が挙げられます。

  • 遅刻・無断欠勤
  • ノルマ未達成
  • 連絡交換しなかった
  • ミーテングに参加しなかった

遅刻・無断欠勤

遅刻や無断欠勤はお店からしてみるとかなり迷惑です。

そのキャストが楽しみで来てくれるお客さんの期待を裏切ることになりかねませんし、お店からしてみるとそんなルーズな気分で働くキャストは信用できません。

そのため遅刻や無断欠勤に対して罰則を設けているお店が少なからずあるようです。

具体的な罰金はお店ごとに異なりますが、遅刻であれば15分1,000円、当日欠勤は1日1万円程度のお店が多い様子。またペナルティとして時給が引かれる場合もあるため、遅刻や無断欠勤・当日欠勤には注意すべきです。

ちなみに事前に一言断ってから欠勤・遅刻するのであればOKというお店が多いので、どうしてもという場合は前日までに言っておきましょう。

ノルマ未達成

キャバクラは売上など「お店にいかに貢献したか」をかなり重視し、より貢献したキャストには昇給などが施される場合も少なくありません。

しかし、時給が高いお店が多いわけですから、あまりにも売り上げが低いキャストを雇っているとそれだけで赤字になることも…。ノルマはそうしたキャストにも頑張ってもらうため存在するのです。

同伴ノルマや指名ノルマのあるお店では、お店が定めた同伴数、指名数をこなさなければノルマ未達成ということで罰金になります。

初心者さん
初心者さん
初めてのキャバクラだし…ノルマを達成できるか分からない…

という方もいらっしゃることでしょう。

ノルマがないお店もかなりたくさんあるので、罰金などの心配をしたくない方は「#ノルマなし」の求人情報から選びましょう。

連絡交換しなかった

ノルマのきついお店だと、お客さんと連絡先を交換しなかったというだけで罰金……というところもあります。

キャバクラではお客さんとの連絡のやりとりがかなり重要です。なぜなら、連絡のやり取りをすることでお客さんをお店に呼んだり、仲良くなって指名につなげることができるからです。

そんな連絡先の交換をやらないのは、キャストだけでなくお店からしても大きな損失。

そのため連絡先を交換しなければ罰金を課すお店が存在するようです。

ミーティングに参加しなかった

キャバクラのなかにはミーティングを定期的に行うお店があります。

ミーティングの内容はキャバクラによって様々ですが、キャストにも参加を求めるお店も少なくありません。また、ミーティングに参加しなければ罰金というお店もなかには存在します。

ミーティングは営業後に行われる場合が多く、大体1~3時間ほどかかります。

本職や学業がああって「早く帰らないといけない」という方もいらっしゃることでしょう。

ミーティングに参加できない方は、事前に言っておけば罰金を取られることはほぼないので、必ず予め伝えておくようにしましょう。

キャバ嬢が罰金を支払う義務はある?

初心者さん
初心者さん
罰金……できたら払いたくない……

そもそもキャバクラで罰金を支払う義務はあるのでしょうか?

これに関しては人やお店によっていろいろな意見があるかと思いますが、法律的には払う義務はありません。むしろそうした厳しい罰金や減給を行うことは、法律に違反しています。

キャバクラの罰金は法律違反?

減給や罰金について、労働基準法には以下のように記述されています。

(賠償予定の禁止)

第十六条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

(制裁規定の制限)

第九十一条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。

労働基準法|e-Gov法令検索

キャバクラといえど、雇用関係で働いている以上「労働基準法」が適用されます。

そもそも罰金を設けることは労基に反しています。また、まっとうな理由がある減給に関しても、平均賃金の一日分の半額を越える場合は法律違反になります。

罰金や減給が明らかに不当な場合

上記の通り、キャバクラなどの水商売といえど罰金を課すことはできないのです。

しかしながら連絡先を交換しなかったから1万円の罰金、辞める際3か月前までに言わなかったら給料半額…というように、明らかに理不尽な罰金や減給がなされる場合もあります。

もしそのような不当な目にあったら、タイムカード(ある場合)やラインののやり取りスクリーンショットなどの証拠を集めたうえで弁護士や行政書士事務所など専門家に相談してみましょう。とくにラインのやり取りは、お店が不利になると判断したら消される場合が多いので、早めに撮影しておくことをおすすめします。

どこまで許容すべきか

キャバクラの罰金やペナルティ、広くいえば「労働環境」の問題は人によって様々な意見があります。

なかには「高い給料をもらってるんだから文句いうな!」とか「罰金など厳しい面があるからこそ時給が高いのでは?」といったことを言う方もいます。

たしかにキャバクラなど水商売の業界は、時給が高い分ある程度その業界にしか通用しない独自ルールはあるのかもしれません。しかし、だからといって不当・不公平なルールによって損をすることは避けたいもの。

夜職だからといってあきらめず、ぜひ相談してみましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight job

いかがでしたか?

今回はキャバクラの罰金・減給についてお話しました。

キャバクラはお給料が高い分厳しいルールが存在し、なかにはノルマ未達成のキャストには罰金や減給などのペナルティを課しているお店も少なくありません。

あまりにもお店とキャストの間で不公平な取り決め・ルールがある場合は、専門家に相談してみましょう。

また、そのようなお店を選ばない…というのも非常に重要です。

ナイトジョブでは「#ノルマなし」の求人も多数掲載しております。

最近のキャバクラには書いてなくても「ノルマ・罰金なし」のお店が多いので、ぜひ条件を見比べてから応募していただきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!