キャバクラ求人TOPコラム“クラブ”の係・永久指名とは?キャバクラとは違う指名のシステムについて解説!

“クラブ”の係・永久指名とは?キャバクラとは違う指名のシステムについて解説!

公開日:2021.10.18

“クラブ”の係・永久指名とは?キャバクラとは違う指名のシステムについて解説!

今回の取り上げるのは”クラブ”です。クラブ、とくに高級クラブにはキャバクラにはない「永久指名」「係」と呼ばれる制度があることをご存じでしょうか?

銀座や北新地など、高級クラブの多いエリアではよく知られている制度ですが、聞いたことはあるけどどんなものなのか知らない、という方もいらっしゃることと思います。

この記事では永久指名制度の特徴について詳しくお話いたします!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

高級クラブによくある「永久指名制度」とは?

高級クラブによくある「永久指名制度」とは?

クラブなどでよく聞く「永久指名」は、お客さんが気に入った女性(ホステス)を永久的に指名するという制度です。お客さん一人につき一人の女性が選ばれ、担当となった同じホステスが毎回そのお客さんを接客します。

その名の通り、選ばれたホステスは一度担当になると永久的に変更されません。お店を辞めるかよほどの失態によって信用を失わないかぎり、変わらないのが特徴です。

永久指名制度はなぜ存在するのか。

永久指名制度はなぜ存在するのか。

永久指名制度が高級クラブに必要な理由は2つあります。

  • 接客のクオリティ向上
  • 売掛の管理

接客のクオリティ向上

永久指名制度は一人のお客さんと真摯に向き合うための制度です。会員制の高級クラブは身分の高いお客さんが多く、求められるサービスもかなりハイレベルなものになります。

永久指名制度はそのお客さんのことを充分理解したうえで接客することになるので、サービスをより良いものに高めることができます。

売掛の管理

クラブの永久指名制度は、売掛の管理がやりやすいということで店舗側にもメリットがあります。(売掛とはお客さんの飲食代をキャストが代わりに支払うことで、ツケのようなものです。)

お客さん一人につき一人の担当がいる、と考えると、売掛の管理がやりやすいといえます。

「永久指名」と「係」の違いって?

「永久指名」と「係」の違いって?

「永久指名制度」のほかに「係」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。永久指名と係の違いとは何でしょうか?

結論から言えば、違いはほぼありません。「永久指名=係」と思ってもらってもOKです。

より厳密にいえば、クラブにおいてそのお客さんの担当となるキャスト・ホステスのことを係と呼び、係になる制度のことを永久指名制度もしくは係制といいます。

キャバクラの指名制度との違い

キャバクラの指名制度との違い

永久指名とキャバクラの指名制度は異なります。

最も異なる点は、お客さんの売上が係のホステスのものになるという点です。他の女性が同伴したり、接客したとしても売り上げが永久指名のホステスがすべて受け取ることとなるのです。

では永久指名のお客さんがいないホステスは全く稼げないのでしょうか?

永久指名がない、いわば売り上げのないホステスでも、ヘルプや同伴は行うことができます。そしてお店への貢献度はきっちりと評価され、日給に反映されるので「全く稼げない」なんてことはありません。

むしろ売り上げがないのにもかかわらず、日給5万円以上稼げているというホステスはたくさんいます。頑張り次第ではキャバクラよりも高額を稼ぐことができるのがクラブの特徴です。

最初についたホステスが永久指名に

最初についたホステスが永久指名に

これは高級クラブの特徴なのですが、原則として「係」になることができるのは新規のお客さんに初めについたホステスです。

クラブは会員制のお店が多く、ほとんどのお店は会員の紹介なしには入店できません。新規のお客さんは基本的に誰かの紹介によって来店されます。

紹介されたお客さんの係は、紹介してくれたお客さんの係のホステスが同じように担当するというルールがあります。そのため来店される際には係のホステスがすでに決まっており、最初についたホステスが永久指名という扱いになるのです。

「新規のお客さんを獲得できない」

「基本的に係が変わることはない」

となると、どのようにしてお客さんの係になるのか分からない……と疑問に感じる方も多いと思います。どのようにして永久指名のお客さんを獲得すればいいのでしょうか?

永久指名を貰う方法については記事の後半で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

永久指名があるお店の特徴

永久指名があるお店の特徴

永久指名の制度があるのはどんなお店なのでしょうか?

ここからは永久指名・係の制度があるお店の特徴についてお話していきます。

永久指名があるのはどんなお店?

永久指名があるのはどんなお店?

永久指名制度があるのは、高級クラブやホストです。

とくに銀座や北新地など、高級な会員制クラブのほとんどでこのシステムが導入されています。

同じ水商売でもキャバクラではほとんど見かけることはありません。一部のニュークラブで見られるのみで、基本的には高級クラブにおいて一般的な制度です。

永久指名は高級クラブにあってキャバクラにはない

永久指名は高級クラブにあってキャバクラにはない

永久指名は高級クラブにあってキャバクラにはありません。

そもそもキャバクラとクラブはシステムがかなり異なっています。

北新地や銀座にあるような高級クラブは会員制のお店がほとんどで、フリー客がいません。そのため場内指名のような制度が存在しないのです。紹介で入店されたお客さんのほとんどは、紹介したお客さんの係のホステスが同じように担当することとなります。

このシステムがあるため、基本的には最初に付いたホステスに「係になる権利」があります。キャバクラのように、場内指名で気に入ってもらって本指名してもらう……という流れではないので注意が必要です。

永久指名のメリット

永久指名のメリット

ここからは永久指名・係制のメリットについて紹介いたします。

係になったお客さんの売り上げが自分のものになる

永久指名・係のお客さんが払った売上は、すべて担当するホステスのものになります。これは永久指名制度の大きな特徴の一つです。

たとえば自分が休みの日に係のお客さんが来店されて、他のホステスが接客したとします。その場合でも、お客さんの売り上げはすべて担当ホステスのものになります。

担当しているお客さんの売り上げをすべて自分のものにできる点が、永久指名のもつ一番のメリットであるといえます。

キャスト同士で揉めることがない

キャバクラでは指名変えが可能で、これまでとは違う女の子をいつでも指名することができます。

しかし高級クラブではよほどのことがない限り永久指名・係のホステスを変えることができません。そのためキャスト同士でお客さんを奪い合うことはほとんどないのです。

ノルマを達成しやすくなる

キャバクラ同様、クラブにもノルマがあります。同伴や売り上げに関するノルマです。

永久指名のお客さんがいれば、ノルマの達成がかなり簡単になります。なぜなら売り上げ同様、他の女の子が自分のお客さんと行った同伴についても自分の実績となるからです。

難なくノルマが達成できるため、永久指名のお客さんを作るとかなり働きやすくなります。

永久指名のデメリット

永久指名のデメリット

ここからは永久指名・係制のデメリットについて紹介いたします。

責任が重い

永久指名になるのはかなり責任が重いです。

そのお客さんとの関係がかなり長く続くことになるわけですから、細かな気配りや丁寧な接客ができなければ務まりません。

もしなにか失態があれば、お客さんを失うことにもなってしまい、お店にも大きな損害となってしまいます。

メリットは多いですが、かなり責任重大な役割になります。

なかなか貰えない

永久指名・係制の一番のデメリットは、なかなか貰えないという点です。

係になることができるのは、自分の人脈でお客さんに来てもらうか、ママやほかのホステスが引退する際に引き継いだ場合のみ。なかなか貰えないでヘルプの期間を長く経験する女性も少なくありません。

自分の人脈で人を呼ぶには、他のお店での勤務経験がなければできないことです。なので初めて働く方はしばらくヘルプ要員として在籍する必要があります。

永久指名を貰うにはどうすればいい?

永久指名を貰うにはどうすればいい?

永久指名は前述のとおり、なかなか貰えないという特徴があります。

高級クラブで永久指名を貰って係になるには、どうすればいいのでしょうか?

ここからは永久指名を貰う方法について解説していきます。

「店客」を引き継ぐ

クラブで係のお客さんを得る方法の一つが、引退したりお店を辞めていったキャストから引き継ぐというやり方です。

これにはお店からの信用が必要になります。

キャストがお店を辞めると、そのホステスの係だったお客さんは「店客」という扱いになります。「店客」の新たな係になるのは、退店するキャストやママに任命されたホステスです。

そのため、永久指名を獲得するためにはお店やほかのキャストからの信用が大事になります。そのためにはヘルプや同伴を頑張る必要があるのです。

自分でお客さんを連れてくる

そのほかには、自分でお客さんを連れてくるという方法もあります。

クラブでは新規のお客さんは紹介でなければお店に入ることができないのですが、以前働いていたお店で獲得したお客さんであればお店に来てもらうことができます。

これは業界未経験の方には不可能ですが、クラブなど夜のお店で働いた経験のある方で、辞めた後もお客さんとのつながりがあるという方であれば可能です。

永久指名はいつまで続く?

永久指名はいつまで続く?

永久指名はそのお客さんが通い続ける限り永久的に続く制度です。

ですが以下のような場合は解消となります。

  • ホステスが引退した場合
  • お客さんとの間でトラブルが発生した場合

ホステスが引退すると、お客さんは「店客」という扱いになり、新たに係のホステスが選ばれることになります。

またお客さんから嫌われてしまったり、接客態度に難ありとお店サイドから見なされてしまうと係ではいられなくなります。

永久指名を得られたからといって油断せず、丁寧な接客を心がけましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight Jobで

いかがでしたか?

今回は高級クラブの永久指名制度についてお話しました。

良いお客さんの係に付くためには、普段からの努力やお店への貢献が大事です。

逆にいえばそうした努力が報われるとき、かなり大きなリターンがあるのがクラブのお仕事のおいしいところ。

実績を積んで、ぜひナンバーワンホステスを目指してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!