キャバクラ求人TOPコラム【友達営業】とは?色恋営業よりも稼げる友営のコツと移行する方法について解説

【友達営業】とは?色恋営業よりも稼げる友営のコツと移行する方法について解説

公開日:2021.10.19

【友達営業】とは?色恋営業よりも稼げる友営のコツと移行する方法について解説

キャバクラで働くにあたって、自分のキャラクターに合わせた営業スタイルの確立は非常に重要です。なかでも友達営業”は、お客さんとの疑似恋愛を必要としないため「楽」だとされています。

しかし「とりあえず友達営業でいい」というほど甘いものでもありません!

メリットもあれば当然ながらデメリットもあります。また自分自身のキャラクターや、お客さんとの相性についても考えたうえで行わなければなりません。

この記事ではそんな友達営業について、詳しく解説していきます!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの““友達営業””とは?

以前キャバクラの営業スタイルを5つ紹介しました。詳しくはこちらの記事で解説しています⇒「キャバクラの営業・接客スタイル5つと、なぜ稼げるのかについて解説

さて、ここでも5つの営業スタイルについてザックリ説明しますが……キャバクラにおける営業方針は以下タイプに分けることができます。

  • 色恋営業
  • 友達営業
  • 飲み営業
  • オラオラ営業
  • 小悪魔営業

色恋営業はその名の通り、色恋を仄めかせながらお客さんと接する営業スタイルです。といってもあくまで疑似恋愛なので、本気にさせないように注意が必要です。詳しくはこちら⇒「【色恋営業】とは?ハマるお客さんの特徴と駆け引きのコツについて

それに対し、今回お話する「友達営業」色恋・疑似恋愛の要素を一切絡めないで行う営業スタイルです。名前の通り、友達のような感覚で接することでファンを獲得します。

友達営業とはどういうものなのでしょうか。もう少し掘り下げて解説いたします。

友達営業の特徴

友達営業の特徴

先ほども説明した通り、友達営業は友達のような感覚でお客さんと接する営業スタイルです。もっといえば、お客さんは男性がほとんどなので、男性にとっての「理想の女友達」として接することでファンを獲得していくスタイルだといえます。

友達営業のメインターゲットは20代前半~30代までの「若い客層」です。どちらかというと若い方のほうが「一緒に飲んで騒ぎたい」というニーズが多いため、友達営業を好みやすい傾向にあります。

また、後述しますが長く続けやすいのも友達営業の特徴の一つです。なぜなら、色恋営業のようにお客さんとの関係が進んでしまうことがなく、現状維持を続ければいいからです。

ここからは色恋営業との違いについて解説します。

色恋営業と友達営業の違い

色恋営業はお客さんとの恋愛要素を前面に押し出した営業スタイルです。男女の関係が仄めかされるため、お客さんがのめり込みやすくお金をたくさん使ってくれるというメリットがあります。しかし、疑似とはいえ恋愛が絡む営業スタイルですから関係が進んでしまうこともあり得るのです。

お客さんと付き合ったり結婚するわけにはいけませんから、どれだけアプローチされてもうまくかわしながら、適度な距離感を保たなければなりません。そうしているうちに飽きられたり、「この子は頑張っても落とせないな」とみなされて離れていく可能性もあります。

友達営業は「友達」でいる営業スタイルです。そのため、関係が進むことはほとんどありません。あくまでも女友達として接するわけですから、進展してしまう恐れがほとんど皆無なのです。このように友達営業は、長く続けることができるというメリットがあります。

なかには色恋営業が発展しないうちに友達営業に移行する……というテクニカルな営業を行う人もいるほど、キャバ嬢にとってラクな営業スタイルだと言われています。しかし、向いている人とそうでない人がいるため注意が必要です。

友達営業の向き不向き

友達営業の向き不向き

友達営業に向いているのは以下のような女性です。

  • 自分の意見をしっかり持っている
  • 場の空気が読める
  • 男友達が多い
  • いじられキャラになれる
  • お酒に強い

「自分の意見をはっきり言える」「場の空気が読める」が両立していることが大事です。自分の意見をズバっと言うだけじゃなく、場の空気のことも考えて発言できるタイプの女性は、友達営業に向いているといえます。

また男友達が多い点も条件だと思います。男性と友達として、ちょうどいい距離感で接することができる方は、友達営業も難なくこなせることでしょう。

友達営業のメリット・デメリット

友達営業は半永久的に続けられるうえ、関係性の調整や距離感のコントロールが簡単なため、ラクだと言われています。しかしメリットもあればデメリットもある点を忘れてはいけません。

ここからは友達営業のメリットとデメリットについて詳しく解説いたします。

友達営業のメリット

友達営業のメリット

友達営業のメリットが以下です。

  • 長期間お客さんとの関係を続けることができる
  • 色恋が絡まないのでコントロールしやすい
  • ストーカーなどの被害に遭う心配がない

長期間お客さんとの関係を続けることができる

先ほどもお話した通り、色恋営業には基本的に寿命があります。恋愛の駆け引きが明確に絡んでいますので、お客さんの熱が冷めてしまうとそれっきりです。それに対し、友達営業はそうした要素が絡まないため、長く営業を続けることができます。

色恋が絡まないのでコントロールしやすい

色恋が絡むとお客さんとの距離感が難しかったりします。お客さんが熱をあげすぎて一気に告白などされてしまい困った……なんて方も少なくありません。友達営業は程よい距離感が続くため、関係性をコントロールしやすいという利点もあります。

ストーカーなどの被害に遭う心配がない

友達営業は関係性が悪化したり、ストーカーなどの被害にあう心配がほとんどありません。男女ではありますが友達として接するので、そうした危険が及びにくいという利点があります。安全性においてもおすすめできる営業スタイルです。

友達営業のデメリット

友達営業のデメリット

友達営業のデメリットが以下です。

  • 客単価が低い
  • 大きく稼げない
  • 来店率につなげにくい

客単価が低い

友達営業と色恋営業では、客単価は色恋営業の方が少し高めです。やはり好きな女性に「一緒に乾杯したい」と言われるのと、友達に言われるのでは意味合いが違うからです。甘えられるとお金を落としたくなる……という男性の心理があるので、客単価は色恋営業のほうが高い傾向にあります。

来店率につなげにくい

友達に対して「お金をたくさん使ってあげたい」とはなかなか思わないもの。友達営業は甘えたりおねだりするといった営業がほぼ通用しないため、来店につなげにくいというデメリットもあります。

上手い距離感を掴みにくい

新人さんほど、友達営業は難しいです。友達として接していたつもりが、ある日「女」として見られてしまっていたことに気付く……ということが往々にしてあります。下心をうまくかわしながら最適な距離感を保つには、それなりのテクニックが必要なのです。

じつは簡単!友達営業のやり方・コツ

友達営業にはテクニックが必要ですが、やり方さえ覚えれば誰でもできるようになります。

ここからは友達営業のやり方やコツについて紹介していきます。

ラフな感じを出しつつも丁寧に接客

友達営業の一番のコツは、対等な関係を演出することです。人というのは無意識に自分と同じようなタイプの人を友達に選ぶものです。少しラフな感じで、自分の個性を出しながら接客するのが良いと思います。

それと同時に、気配りも大切です。丁寧に接客しなければ、ただ「雑だなあ」という印象を与えてしまいます。ラフな感じに見せる一番の目的は、お客さんが肩の力を抜いて楽しんでもらえる空間を作るためです。そのためには細やかな気配りが欠かせません。

異性を感じさせない

異性を感じさせないことは友達営業をするうえで必ず守るべきルールです。簡単なようでこれが結構難しかったりします。なぜならキャバクラに来る男性は、多かれ少なかれ下心がある方が多いからです。

とはいえこれも不可能ではありません。一番おすすめの方法は「尊敬」できるキャバ嬢になるというやり方です。

たとえばキャバクラのお仕事を本気で頑張っていて、同伴やアフターを頻繁にこなすキャバ嬢は見ていて頼もしいものがあります。気遣いができたり、どんなお客さんとも仲良くなれたり……異性として見る以前に尊敬できる女性というのはキャバクラ業界には多いもの。そしてそういう女性ほど多くのお客さんと友達のように接しています。

異性を感じさせない一番のコツは、尊敬できる女性になることです。そのためにはキャバ嬢としてのお仕事を頑張る必要があります。

LINEでは直接的な営業をしない

本当にちょっとしたことですが、LINEでの営業はあまり直接「お店に来て」と言わないようにした方が無難です。

これが色恋営業のキャバ嬢なら「甘えている」「この子は自分を頼ってくれている」とみなしてくれるかもしれませんが、友達営業の場合はあまり取り合ってくれない傾向にあります。もちろんお客さんにもよりますが、直接的な営業は行わないほうがベターです。

ではどうすればいいのか。

一番良いのは営業時間外にLINEを送ることです。お客さんが暇になる時間を把握しておき、そのタイミングで雑談程度のLINEを送ってみましょう。そこから話題を広げて同伴に誘う…というのが一番うまくいく流れです。

色恋営業から友達営業に移行するコツ

色恋営業から友達営業に移行するのは難しいですが、不可能ではありません。

ここからは友達営業へ移行するコツについてお話していきます。

高価なプレゼントは貰わないようにする

高価なプレゼントは貰わないようにする

「見返り」を求めて高価なものをプレゼントする男性は、悲しいことに結構な数います。とくにキャバ嬢にするプレゼントにはなにかしらの期待が込められている可能性大です。

絶対に貰うな、とは言いませんが、高価なプレゼントはできる限り貰わないようにするのが無難だと言えます。

どうしてもプレゼントしたいという場合は、お店でボトルを入れてもらうようにしましょう。

お客さんの尊敬できる点を見いだし、褒める

お客さんの尊敬できる点を見いだし、褒める

色恋営業はお客さんのことを「男性」として見ますが、友達営業では「人間」として見ます。

友達営業に切り替えるには人間として尊敬できる点を見いだし、褒めてあげましょう。

尊敬されていると感じると、人はそれに応えたいと思うものです。よこしまな感情を向けるのではなく、理性ある大人として対応してくれるようになります。

色恋営業から友達営業に移行するための第一歩です。

真剣な話をしてみる

真剣な話をしてみる

色恋営業に引っかかっている男性は、いわば下心でキャストを見ているわけです。一度「そういう目」で見てしまった男性に「目を覚まして」もらうには、真剣な話をするのが効果大です。

「家があんまり裕福じゃないから、お母さんを楽にしてあげたい」

「将来○○になりたくて…学費を稼ぐために頑張ってる」

といった感じで、少しシリアスな話をしてみましょう。

頑張ってる女性には下心を持ちにくいものです。応援したいという気持ちに変わるよう、少し真面目な相談をしてみると、色恋営業脱出の糸口がつかめるでしょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight Jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの友達営業についてお話しました。

色恋営業とは異なりリスクが低く、長続きしやすい友達営業……これを覚えるとキャバクラでのお仕事がかなりやりやすくなります。

ぜひ覚えて、今後のお仕事に活用してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!