キャバクラ求人TOPコラム“姉キャバ”とは?向いている人や通常のキャバクラとの違いなど詳しく解説

“姉キャバ”とは?向いている人や通常のキャバクラとの違いなど詳しく解説

公開日:2021.11.9

“姉キャバ”とは?向いている人や通常のキャバクラとの違いなど詳しく解説

皆さんは”姉キャバ”ってご存知ですか?

キャバクラにはニーズに合わせたいくつかのジャンルが存在します。”姉キャバ”はその一つで、「お姉さん系」キャラの女の子や20代後半から30代のキャストが在籍するお店です。

≪≪30代OKの求人はこちら

この記事では姉キャバに向いている人や、通常のキャバクラとの違いなど詳しく解説いたします。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

“姉キャバ”とは?

姉キャバとはキャバクラのジャンルの一つです。

通常のキャバクラは18歳(高校生不可)から20代前半までのキャストを中心としており、「若い女性が働くお店」としての趣が強い傾向にあります。

それに対し、姉キャバは20代後半から30代後半までのキャストを中心としており、「キャバクラよりも少しだけお姉さん」な年齢層となっているのが特徴です。

といっても募集している年齢はお店ごとに異なり、20代前半から30代前半までを募集しているお店もあれば、30代以上限定というお店もあったりします。なんにせよ、通常のキャバクラよりも少しだけ年齢層が底上げされたお店のことをこのように呼ぶ傾向があるようです。

“姉キャバ”と通常のキャバクラとの違い

通常のキャバクラとの違いは年齢層だけではありません。

キャバクラには「月に同伴〇回」といったノルマが存在しますが、姉キャバは無いお店も数多く存在するなど、非常に働きやすいお店が多いです。

通常のキャバクラよりも緩いルールでゆったり働けるのが魅力となっています。

また客層も通常のキャバクラと違います。キャバクラはわいわい騒ぎたいお客さんが多いのに対し、姉キャバはゆっくり飲みたいという方が多いです。お姉さんっぽい女性が好きな男性がほとんどで、いわゆるナイトレジャーの空気よりは幾分やわらかい感じの雰囲気となっています。

“姉キャバ”と熟キャバの違い

姉キャバと混同されやすいのが「熟キャバ」です。熟キャバと姉キャバは同じくキャバクラの一種ですが、厳密には違うジャンルになります。一番違うのが年齢層です。

姉キャバは先ほどもお話した通り20代後半から30代の女性が中心となっています。熟キャバのキャストの年齢層はそれよりも若干高く、30代から40代後半までのキャストが中心です。お店によっては50代のキャストを雇うところもあったりと、全体的に年齢が高めとなっているのが特徴。

姉キャバは「お姉さん」で熟キャバは「熟女」なのでキャラクター的にも異なりますし、全く別ジャンルと言っても過言ではないでしょう。

また料金も違います。熟キャバはセット料金4,000円が相場となっており、かなり安い傾向にあります。対して姉キャバの相場は5,000円です。料金が高いということは、その分お給料も高いということになります。実際熟キャバよりも姉キャバのほうが、お給料はやや高めです。

“姉キャバ”に向いているのはどんな人?

たくさんあるナイトワークの中から自分に向いているものを探しているという方は多いと思います。

姉キャバに向いているのはどんな人なのでしょうか?

20代後半~30代の女性

一般的なキャバクラよりも高い年齢層を募集しているお店が多いため、「夜職で稼ぎたいけど年齢がちょっと気になる」「回りが若い子ばかりで浮いてしまわないか心配」という方に向いています。

キャバクラは20代前半までのキャストが中心なので、20代後半から始めるのはちょっと…と感じる方もいらっしゃるかと思います。そんな方は姉キャバがおすすめです。

落ち着いた接客ができる

キャバクラには多種多様な接客スタイルがあります。例えばテンションが高く、とにかくお酒を飲みまくるというスタイルもあれば、お客さんとじっくり会話して関係を深めていくスタイルもあり、キャラクターによって様々です

姉キャバは大人っぽい雰囲気の女性が好きだという男性が訪れるお店のため、テンションが高い接客よりも落ち着いた接客のほうが求められる傾向にあります。落ち着いてじっくり会話できる方のほうがより向いているといえるでしょう。

大人しい性格・大人っぽい見た目

キャバ嬢の中にはギャルっぽい性格の方もいれば、清楚系の方もいます。性格・見た目ともに様々なキャラのキャバ嬢がいますが、姉キャバはなかでも大人しい性格の方や大人っぽい見た目の方向きです。

大人っぽいといっても老けていればいいというわけではありません。クールな感じの見た目の方、背が高くてモデル体型の方、「可愛い」というよりは「綺麗」という言葉が当てはまる方のほうがより向いているといえます。

キャバクラのノリについていけない

キャバクラは若い子が多いお店なので、全体的にテンションが高いお店も少なくありません。もちろんそういうお店ばかりではありませんが……キャバクラ独自のノリについていけないという方は多いと思います。

姉キャバはキャバクラ独自のノリは少なく、落ち着いて会話しながら接客できるお店が多いです。なので 「ちょっとついていけないかも……」という方でも難なく働くことができます。

“姉キャバ”のメリット・デメリット

ここまで姉キャバの特徴や通常のキャバクラ、熟女キャバクラとの違いについて解説してきました。

姉キャバにはメリットとデメリットがあります。それぞれ見ていきましょう。

“姉キャバ”のメリット

"姉キャバ"のメリット

姉キャバのメリットが以下です。

ノルマがないお店が多い

先ほどもお話した通り、姉キャバはノルマがないお店が多く働きやすいという特徴があります。ゆったりしたペースで働くことができるので、本職がある方にもおすすめです。

キャスト同士の関係がアットホーム

姉キャバはノルマがないため、お客さんの奪い合いになりにくいという傾向があります。そのためかキャスト同士の関係がアットホームで、喧嘩になることはほとんどありません。

熟女キャバクラよりも稼げるお店が多い

姉キャバは熟女キャバクラよりも料金が高く、稼ぎやすい傾向にあります。その分求められる容姿のレベルは高いですが、お給料が良いのでやりがいを感じられます。

大人しい客層

姉キャバはキャバクラよりも大人しい客層となっています。キャバクラの客層はノリのいい、騒ぐのが好きな方が多いのに対し、姉キャバはゆったり飲みたいという方が多いです。

“姉キャバ”のデメリット

"姉キャバ"のデメリット

姉キャバのデメリットが以下です。

通常のキャバクラよりは稼げない

姉キャバよりも通常のキャバクラの方が稼ぎやすいです。姉キャバは時給3,000円スタートのお店がほとんどですが、キャバクラは5,000円や7,000円スタートのお店も数多くあり、お給料の面では通常のキャバクラに軍配が上がります。

持っているキャバドレスがお店に合わない可能性

姉キャバは落ち着いた雰囲気のお店が多く、普通のキャバクラに比べると店内装飾などもシンプルでシックな感じになっています。なので派手すぎるキャバドレスはお店に合わない可能性も。キャバクラでの勤務経験がある方はご注意ください。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight Jobで

いかがでしたか?

今回は姉キャバに向いている人やメリット・デメリットについてお話いたしました。

姉キャバは20代後半から30代のキャストを中心としているので、「キャバクラで働きたいけど年齢的にギリかも…」という方におすすめ!

ぜひナイトジョブで30代OKのキャバクラ求人を見つけてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!