キャバクラ求人TOPコラム【小悪魔営業】とは?男心をくすぐるキャバ嬢の営業テクニック

【小悪魔営業】とは?男心をくすぐるキャバ嬢の営業テクニック

公開日:2021.11.22

【小悪魔営業】とは?男心をくすぐるキャバ嬢の営業テクニック

あざとく振る舞いながらお客さんを手玉に取りたいキャバ嬢におすすめなのが、”小悪魔営業”という営業スタイルです。

男性は小悪魔系の女性には弱いもの。思わせぶりに接することでお客さんを虜にすることができる、小悪魔的な営業スタイルは様々な場面で応用が利きます。

今回はそんな、キャバクラの営業スタイルの一つ、小悪魔営業について詳しくお話していきたいと思います。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの”小悪魔営業”とは?

キャバクラの"小悪魔営業"とは?

小悪魔営業は「手に入りそうで手に入らない」という状態を演出しながら、男性を手のひらで転がすような接客法のことです。

初心者さん
初心者さん
同性からは嫌われるやつだね

男性からの人気が非常に高く、広い層に受け入れられる営業スタイルなので、ぜひ身に着けていただきたいと思います。

ここからはそんな小悪魔営業の特徴についてご紹介いたします。

“小悪魔営業”の特徴

小悪魔営業”の特徴

小悪魔営業の主となる要素が、「女の子らしさ」と「あざとさ」です。

男性に対して思わせぶりに甘えること心を惹きつけ、手玉に取るのがこの営業スタイルの特徴なので、あざとく振る舞う必要があります。

女の子らしく色気のある服装や言動で男性の心を惹きつける……女性の中にはそのような振る舞いを天然でこなせてしまう人もいます。ですが、中にはやり方が分からないという人もいらっしゃることでしょう。

注意ポイントは以下になります。

  • 服装
    ⇒適度に色気がある、そこそこ露出(過度なのはNG)のある服
  • メイク
    ⇒目力を感じさせる濃いめのアイメイク、なめらかな素肌感
  • 髪型
    ⇒色は暗め、オーソドックスな巻き髪など
  • 性格
    ⇒ほめ上手でミステリアス、思わせぶりな言動
  • 行動
    ⇒ボディタッチ(やりすぎはNG)

見事に同性から嫌われる要素が詰め込まれていますが、やはりキャバクラではこれくらい徹底していたほうがウケが良いのです。

色恋営業・友達営業・飲み営業・オラオラ営業との違い

色恋営業・友達営業・飲み営業・オラオラ営業との違い

ここからは小悪魔営業とそのほかの営業スタイルの違いについて解説していきます。

色恋営業

【色恋営業】はお客さんとの恋愛要素を前面に押し出した営業スタイルです。男女の関係が仄めかされるため、お客さんがのめり込みやすくお金をたくさん使ってくれるというメリットがあります。詳しくはこちら⇒【色恋営業】とは?ハマるお客さんの特徴と駆け引きのコツについて

小悪魔営業はお客さんを勘違いさせるという意味では色恋営業と似ています。しかし小悪魔営業のほうがお客さんと距離感があり、あくまでも引き際を大事にする営業スタイルだといえます。

友達営業

【友達営業】は友達のような感覚でお客さんと接する営業スタイルです。疑似恋愛要素は抑えめで友達のような感覚で接するため、長期間お客さんとの関係を続けることができるというメリットがあります。詳しくはこちら⇒【友達営業】とは?色恋営業よりも稼げる友営のコツと移行する方法について解説

友達営業は友達としてお客さんと接するのに対し、小悪魔営業は手に入りそうで入らない距離感を演出します。「彼女にしたいけどギリできない」という雰囲気が重要で、友達営業のようなフラットな関係性ではないのが特徴です。

飲み営業

【飲み営業】はとにかくお酒をたくさん飲んで場を盛り上げる営業スタイルです。友達営業よりもテンションが高く、またとにかくお酒を飲むので、短期間で売り上げを伸ばしやすいのが特徴です。詳しくはこちら⇒【飲み営業】とは?お酒好きなキャバ嬢なら絶対稼げる営業スタイル

飲み営業は一緒にお酒を飲んで盛り上がりたいというお客さんや団体の方をターゲットにしており、反対に小悪魔営業はお客さんとの個人的な関係を匂わせるため、大人しいお客さんにウケる傾向にあります。

オラオラ営業

【オラオラ営業】はキャバ嬢がお客さんをリードしていくスタイルの営業方法のことです。ちょっとM寄りな方、受動的な性格の方に好まれる営業スタイルで、意外に人気が高く広い層にウケが良いのが特徴です。詳しくはこちら⇒【オラオラ営業】とは?どんなお客さんに好まれる?やり方やテクニックを紹介!

オラオラ営業はM寄りの男性向けの営業スタイルなのに対し、小悪魔営業はS寄り、M寄りどちらのお客さんにもウケます。また男性を尻に敷くような言動をするオラオラ営業で、あくまで男性を立てる接し方をするのが小悪魔営業です。

“小悪魔営業”の向き不向き

“小悪魔営業”の向き不向き

小悪魔営業は、男性の心を操る小悪魔的な言動が特徴の営業スタイルです。それに向かないのは、お客さんと友達のようなノリで接するタイプのキャバ嬢です。恋愛感情も込みで男性を勘違いさせることに一定以上の罪悪感がある方は、この営業スタイルに向かないといえるでしょう。

反対にそうした振る舞いが得意な方や、意図せず男性を勘違いさせてしまう天然系の方は小悪魔営業に向いています。自分の特性を生かして営業しましょう。

“小悪魔営業”のメリット・デメリット

小悪魔営業は男性の心をわしづかみにして、意のままに操ることのできる営業スタイルです。しかし、通用しないお客さんもいるといったリスク・デメリットがあることも忘れてはいけません。

ここからは小悪魔営業のメリット・デメリットについて詳しく解説いたします。

“小悪魔営業”のメリット

“小悪魔営業”のメリット

小悪魔営業のメリットが以下です。

  • お客さんから興味を失われにくい
  • 色恋営業よりも長く続けられる
  • 友達営業よりもお客さんが離れにくい

お客さんから興味を失われにくい

小悪魔営業はお客さんの好意を振り回すのがポイントです。手に入りそうで手に入らない、という絶妙な距離感で接するからこそ、お客さんから興味を失われにくいのが大きな特徴だと言えます。

人間はなかなか手に入らないものに価値を見いだすもの。小悪魔営業はそうした心理を利用した営業スタイルなので、お客さんからの好意や興味を集めやすい特性を持っています。いわばモテるわけです。

色恋営業よりも長く続けられる

小悪魔営業は色恋営業よりも長く続けることができます。色恋営業はお客さんの恋愛感情を操ることで稼ぐやり方なので、お客さんとの疑似恋愛が必要になります。そのため、お客さんの熱が冷めるとそれっきりです。

小悪魔営業は色恋営業のような要素もはらんでいますが、それよりはやや距離があるため長く続けやすいのが特徴。「思わせぶりでボディタッチが多い女友達」のポジションを確立しましょう。

友達営業よりもお客さんが離れにくい

友達営業はあっさりしすぎていて、お客さんを獲得しにくいという特徴があります。やはりキャバクラには多かれ少なかれ「男女感」を求めているお客さんが多く訪れるためです。小悪魔営業はその点、お客さんの興味を惹きつけるため離れにくいのが特徴です。

小悪魔営業のほうが男性に「ドキドキ感」を与えることができます。もしかするともっと関係が先に進むかもしれないという期待を持たせるので、否が応でも執着を生むわけです。

“小悪魔営業”のデメリット

“小悪魔営業”のデメリット

小悪魔営業のデメリットが以下です。

  • 同僚からのウケは悪い
  • お客さんによっては通用しない

同僚からのウケは悪い

小悪魔営業は同僚からのウケが悪いです。

そもそも男性に思わせぶりな態度を取って手玉に取るタイプの女性は男性からは人気ですが、同性ウケは最悪なものです。むしろキャバクラという職場においては、そこそこ受け入れられている方だといえます。

お客さんによっては通用しない

小悪魔営業はお客さんによっては通用しないことがあります。

キャバクラのお客さんのなかには、思わせぶりな言動に対する警戒心が強くてなかなか思う通りにならない方もいます。どれだけ褒めたり、さりげなくボディタッチしても「どうせ誰にでもやってるんでしょ」という冷めた心理がそこにはあるのです。

あざとく振る舞うのはいいですが、やりすぎるとこのように冷めてしまう場合があるので注意しなければいけません。

”小悪魔営業”のやり方・コツ

”小悪魔営業”のやり方・コツ

天然で男性に思わせぶりな態度を取れる女性もいますが、そうでない方もいらっしゃることと思います。そんな方のために、小悪魔営業に必要なポイントをまとめました。

ここからは小悪魔営業のやり方・コツについて紹介していきます。

褒める・喜ぶなどの感情表現は大げさに

褒める・喜ぶなどの感情表現は大げさに

男性は自分のことを褒めてくれる女性にどうしても惹かれてしまうもの。小悪魔営業を行う第一歩は、褒め上手になることです。お客さんの容姿や服装、仕事などの要素から褒められる点を探し、少々オーバーにでも褒めるようにしましょう。

また「可愛い」「楽しかった」などお客さんから褒められた場合は、少し大げさに喜ぶようにしましょう。やや過剰ぎみに感情表現することで、お客さんは「自分を特別に思ってくれている」と勘違いしてくれます。

さりげなくボディタッチ

さりげなくボディタッチ

これもかなり大事な要素です。異性からボディタッチをされると誰しもがドキっとするもの。お客さんとの距離を一気に縮められるだけでなく、「もしかしたら自分に好意を持っているかも」という勘違いを誘うことができます。

とはいえこれはやりすぎNG。ただ隙が多いだけに思われてしまうと、「もう一押しで付き合えそう」というような誤解を生んでしまう可能性があるからです。適度に行うようにしましょう。

とにかく聞き上手になる

とにかく聞き上手になる

お客さんのなかには、キャバ嬢の話を聞きにキャバクラを訪れる方もいますが……ほとんどのお客さんは「聞き上手」なキャバ嬢を求めています。小悪魔営業をするうえでも、お客さんの話をよく聞いて話題を広げるスキルは重要です。

なぜなら「この子は自分に興味がある」と思ってもらえるからです。興味を示している風を装う最大の方法なので、聞き上手になるに越したことはありません。とくにフリーのお客さんと初めて会う時は聞き役になって、褒められる要素があればオーバーに褒めるのがポイントです。

LINEはあっさりかつ焦らして

LINEはあっさりかつ焦らして

キャバ嬢のLINEというと、お客さんを獲得するために比較的すぐ返信するというイメージがあるかと思います。もちろん返せたらすぐ返すというスタイルでもいいのですが、小悪魔営業を行うのであれば焦らすのも手です。

実際に小悪魔営業を行っているキャバ嬢のなかには、わざと返信を遅くしたり、内容を簡素なものにする方も少なくありません。なぜなら小悪魔風のキャラで営業しているキャバ嬢にとって、LINEは気を惹くためのツールだからです。

そこで密なコミュニケーションを取るのではなく、あえてあっさり接することで興味をひくことができます。また、お店に来た時は甘えて、LINEではそうでもない、というギャップを作ることも可能です。営業外での連絡は極力簡素な言葉で、適宜返信を遅くするなどの工夫をしてみましょう。

キャバクラの営業スタイルについてもっと知りたい!

当サイトではキャバクラの営業スタイルを5つ紹介しております。

  • 色恋営業
  • 友達営業
  • 飲み営業
  • オラオラ営業
  • 小悪魔営業

詳しくはこちらの記事で解説しています⇒キャバクラの営業・接客スタイル5つと、なぜ稼げるのかについて解説

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight Jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの【小悪魔営業】についてお話いたしました。

キャバクラではお客さんの心をコントロールして、いかに自分に興味を持ってもらうかが重要になります。そのためには少々のあざとさもテクニックのうちです。

適度な色気や女性らしい可愛さがありつつもつかみどころのない「小悪魔キャラ」は、男性からの人気が抜群です!

ぜひあなたも勘違いを誘って振り回す、小悪魔営業で男性の心をわしづかみにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!