キャバクラ求人TOPコラム「チェンジ」になるキャバ嬢の特徴とは?嫌われないコツをご紹介!

「チェンジ」になるキャバ嬢の特徴とは?嫌われないコツをご紹介!

「チェンジ」になるキャバ嬢の特徴とは?嫌われないコツをご紹介!

「チェンジ」というキャバクラ用語をご存知でしょうか?

キャバクラではフリーのお客さんを接客する機会も少なくありません。

自分を指名してくれるお客さんがいないうちは、フリー来店された方を接客するのは大きなチャンスです。

しかし、お客さんが気に入らなかった場合は「チェンジ」を言い渡されることがあります。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラ業界用語「チェンジ」とは?

キャバクラ業界用語「チェンジ」とは?

「チェンジ」という言葉には2つの意味があります。

  • 店側がお客さんの状況をみてキャストを交代すること
  • お客さんが合わないキャストを交代すること

以上の2つです。

ここではそれぞれの意味を詳しく解説いたします。

店側がお客さんの状況をみてキャストをチェンジすること

一つは「店側」が行うチェンジです。

キャバクラではお店のボーイやスタッフが、フリーお客さんの盛り上がりや時間をみて、15~20分くらいでキャストを交代します。

なぜこのような方式になっているかというと、フリーのお客さんはできるだけ多くの女の子と飲めたほうがお得だからです。

お店側としても、お気に入りを見つけてもらえるというメリットがあるため、1時間のうち3~4人の女性を交代で回します。

お客さんは、もし気に入った女の子がいた場合は「場内指名」を行います。

場内指名についてはこちらの記事をご覧ください。⇒「“場内指名”とは?未経験者必見!キャバクラで場内指名を獲得するための㊙テク

お客さんが合わないキャストをチェンジすること

もう一つは「お客さん側」が行うチェンジです。

お客さん側が不満を感じた場合、その場でキャストを交代することができます。

風俗店などでよくある制度ですが、キャバクラにもこうしたシステムが存在するのです。

チェンジされる理由は、よほど話があわなかったり、接客に問題があるなど、様々なものがあります。

重要なのが、必ずしもキャスト側が悪いからチェンジされるのではない、という点です。

お客さんが「早く好みの女性と会いたい」と思ってチェンジを行う場合もあれば、新人にキツく当たって憂さ晴らしをしているだけの場合もあります。

お客さんが「チェンジ」するのはなぜなのか

お客さんが「チェンジ」するのはなぜなのか

お店側が行うチェンジはなんら問題ありません。

しかし、お客さん側から「チェンジ」と言われた場合は落ち込んでしまうかもしれません。

お客さんはどのような理由でキャストをチェンジするのでしょうか?

ここからはよくある理由について解説していきます。

話が合わない

キャバ嬢はどうにかしてお客さんを盛り上げようと努力します。

しかしながら、それでも会話が長続きしなかったり、どうしても馬が合わない場合があるのです。

話が合わないと感じると、すぐチェンジするお客さんもなかにはいます。

やはり、お金を払って退屈な時間を過ごすのは勿体ないと感じるのでしょう。

理想が高くなっている

女性に対してのこだわりが強いお客さんもなかにはいます。

容姿やしぐさ、言葉遣いなどが少しでも理想から外れると、チェンジするようなお客さんです。

非常にまれではありますが、好みのキャバ嬢に当たるまでずっとチェンジを繰り返すお客さんもいます。

理想が高いお客さんにチェンジと言われからといって、落ち込む必要はないといえるでしょう。

女性に対してのいやがらせ

迷惑な話ですが、女の子を落ち込ませる目的で「チェンジ」をするお客さんも稀にいます。

憂さ晴らしやストレス発散のために、キャストを傷つけるのを目的に来店しているような人です。

このようなお客さんは、たとえどんな子が来てもチェンジします。

したがって、チェンジされても気に留めないようにしましょう。

よくチェンジされるキャバ嬢が改善すべき特徴

よくチェンジされるキャバ嬢が改善すべき特徴

お客さんは「なんとなく」という理由でチェンジする場合も多いです。

なので、一度や二度であれば特に気に留める必要はありません。

しかし何度もチェンジされた経験がある人は要注意。何かしらの問題がある可能性が大です。

ここからはよくチェンジされてしまうキャバ嬢の特徴をご紹介いたします。

接客態度に問題がある

キャバクラでは接客態度に問題があると、普通に不人気になります。

問題があるキャストはチェンジされても文句は言えません。

たとえば問題のあるキャストがやりがちな言動に、以下があります。

  • 距離が縮まっていないのにタメ口で接する
  • 自分から話を振らない
  • 席についてもずっと不機嫌でいる
  • 上司に対して失礼な発言をする
  • 上から目線で接する
  • 酔いつぶれてしまう

例を挙げれば枚挙にいとまがありませんが、とにかくお客さんと接するのに似つかわしくない態度をとるとお客さんからのクレームにもなりかねませんし、チェンジされてもおかしくないわけです。

会話が楽しくない

キャバ嬢は「お客さんと会話をする仕事」だといっても過言ではありません。

どんなに見た目が可愛くても、会話が絶望的につまらなければチェンジされる場合があります。

初対面の人と何を話していいかわからず、気づけば相手から話を振られるか自分の話ばかり…そんな風になってはいませんか?

キャバ嬢は「聞き上手」にならなければいけません。

お客さんが話せるような話題を振って聞きに徹し、時々自分の話をする…といった感じを心がけましょう。

会話をもっと磨きたい方は、過去のこちらの記事を参照してみてください。

キャバクラでの「話題」に困ったら…?キャバ嬢必見の盛り上がる会話術

見た目が好みじゃない

キャバクラ店に採用されたわけですから、決して不細工ではないはず。

ですが男性にはそれぞれ好みがあり、どうしてもタイプではないキャバ嬢をチェンジすることも考えられます。

基本的には自分の容姿に自信をもって働いていただきたいのですが、何度も何度もチェンジされる場合はもう少し容姿を磨く必要があると言えるでしょう。

たとえばメイクを変えるだけで容姿はガラっと変化します。

過去の記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

キャバ嬢メイク術!客ウケの良いメイクのポイントとコツ、時短テクやNG例もご紹介♪

清潔感がない

見た目どうこう以前に、清潔感のないキャバ嬢は嫌われます。

髪の毛がバサバサだったり、深いな匂いがしたり…

キャバクラはお客さんと近い距離で接するので、案外細かいところまでわかってしまうものです。

最低限、不潔感のないようにするのが接客業のマナーだといえます。

お客さんの前に出るということをしっかり意識して、身だしなみに気を付けましょう。

ドリンクや場内指名のおねだりがしつこい

キャバ嬢たるもの、ドリンクをご馳走されてなんぼ、指名を貰えてなんぼです。

しかし、それもお客さんとの関係が構築されてから。

特に仲良くなってもいないのに、ドリンクや場内指名をおねだりされると、鬱陶しいと感じるお客さんも少なくないので注意しなければなりません。

たとえば
「お客さんの都合を考えて時におねだりを控える」
「断られたらそれ以上言わない」
など、空気を呼んでおねだりする必要があります。

好き嫌いの分かれるキャラである

強いキャラクターで売っているキャバ嬢もなかにはいます。

盛り上げ上手な「飲みキャラ」やすこしキツいことを言う「小悪魔キャラ」など、戦略的に自分にあったキャラクターをお店用に用意している方も珍しくありません。

キャラを使うと、そのキャラが好きな人から人気が出るというメリットがあります。

しかしながら、好ましく思わないお客さんから嫌われてしまうデメリットもあるので、注意が必要です。

よくチェンジされる場合は、客層や他のキャストとの被りなどを考えましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNightjobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの「チェンジ」についてお話いたしました。

チェンジされると落ち込みますが、キャバ嬢に問題がない場合も少なくありません。

しかしながら、頻繁にチェンジされる場合は、接客態度や容姿などに問題がある可能性があります。

そのような場合は、キャバ嬢としての在り方を見直してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!