キャバクラ求人TOPコラム怪しいキャバクラ求人の特徴とは?応募してはいけない店の見分け方

怪しいキャバクラ求人の特徴とは?応募してはいけない店の見分け方

怪しいキャバクラ求人の特徴とは?応募してはいけない店の見分け方

キャバクラの求人のなかには信用できるものもあれば、怪しい求人も存在するので注意が必要です

求人に応募する際は、嘘や誇大な情報を掲載しているサイトには注意しなければいけません。

とはいえ、どんな求人が怪しいのかよくわからないという方もいらっしゃることと思います。

そんな方のために、この記事では怪しいキャバクラ求人の特徴についてお話いたします。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

怪しいキャバクラ求人を見分けるには?ありがちな特徴4選

怪しいキャバクラ求人を見分けるには?ありがちな特徴4選

キャバクラ求人を見ていると「これって本当の情報なの?」と思うことも少なくありません。

あまりにも時給が高かったり、誇大な表現が使われていたり、いかにも怪しいと思えるような求人も多いです。

例を挙げると「時給保証アリ」があると掲載しているのにも関わらず、実際に行ってみたら嘘だった……なんてケースもあります。

夜職・水商売ではこのように、求人の情報がアテにならない場合も少なからずあるので、注意が必要です。

ここからは、怪しいキャバクラ求人にありがちな特徴について紹介していきます。

時給が高すぎる

時給が高すぎる

もちろんキャバクラは高時給でよく知られている職業ですから、時給が高いお店も沢山存在します。

しかし、同エリアの他の求人と比べてあまりにも高すぎる場合は注意が必要です。

キャバクラやクラブ、ガールズバーなどのお店にはエリアごとのお給料の相場があります。

例えば地方の場合は3,000円~が相場ですが、北新地や銀座では7,000円スタートになる場合も少なくありません。

さらにいえば、夜職の時給はルックスや業界経験によっても変わるものですから、「エリアの時給相場に比べて著しく高い」という求人はやはり怪しいのです。

高時給であっても、厚生費などと理由をつけて天引されて時給が安いままになるなど、実際に働いてみたら違うというケースも多いので注意しましょう。

身分証が不要

身分証が不要

キャバクラでは18歳未満(高校生不可)の方は働けません。

もし未成年を働かせていれば、お店側が罪に問われることになります。

なので、まともなキャバクラであれば、年齢確認のため身分証明書の提出を義務付けているのが一般的です。

キャバクラで働くとき、提出が求められる身分証が以下になります。

  • 保険証+住民票
  • 写真付きの学生証+住民票
  • 免許証+住民票
  • パスポート
  • マイナンバーカード

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

キャバクラの体入には身分証明書が必要?住民票など使える身分証について紹介!

まともなお店でない場合、未成年が働こうがどうでも良いので身分証の提出を求めません。

そのようなお店は違法な行為が当たり前になっていたり、そもそも無許可営業である可能性もあります。

条件が良すぎる

条件が良すぎる

キャバクラの求人サイトには「時給保証アリ」や「経験者優遇」など、求人ごとに条件が書かれている場合があります。

条件はお店の公式サイトから得た情報や、採用担当者のヒアリングに基づいて書かれる項目です。

なので基本的には信用できるのですが、なかには一切信頼できない場合もあります。

たとえば、求人サイトのなかには、とりあえず応募数を増やすために良い条件を書けるだけ書く、というようなものも存在するので注意しなければいけません。

実際に行ってみたら、求人サイトに書かれていた印象とは大きく異なっているという場合もあります。

条件が良すぎる求人をみかけたら、他の求人サイトや公式サイトも見てみましょう。

公式サイトが存在しない

公式サイトが存在しない

キャバクラ店のほとんどは、公式サイトやTwitterのアカウントを持っています。

集客のため、ネット上に何らかの情報を記載していることが多いです。

そのような露出の少ないお店には2パターンあります。

一つは「できたばかりの店舗」。

もう一つは「コソコソ営業している店舗」です。

後者は無許可営業だったり、ぼったくり行為を行っていたり、何らかの後ろめたい理由があってネット上に情報がないという可能性があります。

なんにせよ、検索エンジン等で調べたとききちんと情報が出てくるお店のほうが、はるかに信用できるといえましょう。

怪しい求人はなぜ多い?キャバクラ店が嘘の求人を出す理由

怪しい求人はなぜ多い?キャバクラ店が嘘の求人を出す理由

キャバクラ店が嘘の求人を出すのはなぜなのでしょうか?

その理由は簡単で、いわば嘘をついてでも求職者を集めたいからです。

キャバクラの求人を掲載している求人サイトは、少しでも応募者を集めようと躍起になります。

嘘の情報や時給を掲載している場合が少なからず散見されるのは、おおむね求人サイトの都合からです。

とはいえ「それで応募がたくさん来るなら…」とお店側も見過ごしていたり、場合によっては店側が「条件を良く書け」と指示しているケースもあります。

お店としても、他店よりも良い条件で掲載したいという思いがあるわけです。

競争から「良い条件を嘘でもいいから」と掲載している、あるいはそれを黙認しているお店もあります。

これは昼のお仕事にも言えることですが、お仕事を探す際は複数の情報を参考にしつつ、「ここなら働ける」というお店を見極めるようにしましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNightjobで

いかがでしたか?

今回は怪しいキャバクラ求人の特徴について紹介いたしました。

求人を見る際は正しい情報であるかきちんと見極めながら、応募するかどうか決めましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!