キャバクラ求人TOPコラムキャバクラの体入には身分証明書が必要?住民票など使える身分証について紹介!

キャバクラの体入には身分証明書が必要?住民票など使える身分証について紹介!

公開日:2021.9.3

キャバクラの体入には身分証明書が必要?住民票など使える身分証について紹介!

こんにちは。ナイトジョブ編集部です。

キャバクラの面接時に必要な持ち物については気になる方は多いと思います。

面接当日に必要なものはいろいろありますが……なかでも忘れてはいけないのが「身分証」です。

とくに即日体験入店を希望している方は、身分証明書を必ず持っていきましょう。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの面接で身分証明書は何故必要なのか

キャバクラの面接で身分証明書は何故必要なのか

キャバクラやクラブ・ラウンジなどのお店は、風営法(風俗営業法)という国の認可を貰って営業しています。

風営法においてもっとも重要な決まりが、「18歳未満は絶対に働いてはいけない」というものです。18歳未満を雇ってしまうと、店舗側に大きな罰則が課せられます。

身分証が必要な最も大きな理由が、「年齢確認」です。

お店としてはまかり間違っても18歳未満を採用してしまわないように、顔写真付きの身分証できちんと確認を取る必要があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

キャバクラは未成年でも働ける?お酒を飲まなければOKです

身分証を持たずに面接を受けることは可能ですが、用意していなければ体験入店することができません。即日体験入店を希望する方は、必ず身分証を持っていきましょう。

キャバクラの面接で用意すべき身分証

キャバクラの面接で用意すべき身分証

まずキャバクラの面接でもっていくべき身分証ですが、顔写真付きで生年月日や住所が確認できるものが必要になります。

理由は前述の通り、年齢確認のためです。顔写真付きのものが必要になる理由は以下になります。

人の身分証を借りて面接を受ける方もいたりするので、顔写真が付いていることが必須条件となっています。保険証やマイナンバーの通知カードは写真がないため、不可となる可能性が高いです。

また、顔写真付きであればなんでもOKというわけではありません。

顔写真付き身分証とは?

顔写真付きの身分証ですが、以下がベストとされています。

  • 写真付きの学生証+住民票
  • 免許証+住民票
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • その他

共通しているのは、いずれも顔写真付きで生年月日や住所が確認できるという点です。

写真付きの学生証

写真付きの学生証

顔写真付きの学生証も、身分証として利用できます。

しかし、当然ですが高校生以下は不可です。

大学や短大などの学生証であれば利用できますが、年齢が18歳以上であることを証明できない身分証に関してはNGとなります。

学生証だけでは身分証とみなされない場合もあるので、その場合は他の身分証か住民票を持っていくといいでしょう。

免許証

免許証

免許証も、身分証として利用できます。

運転免許証は身分証としてはかなり確実なものですが、住所が変わった方は必ず変更手続きしなければなりません。

免許証だけでは身分証とみなされない場合もあるので、その場合は他の身分証か住民票を持っていくといいでしょう。

パスポート

パスポート

パスポートは身分証としてはかなり有効です。

有効期限切れのものであっても、多少であればOKの場合も少なくありません。

しかし期限があまりにも昔に切れているとNGとなる場合も多いので、注意してください。

有効期限内のパスポートを利用するのが理想的です。

マイナンバーカード

マイナンバーカード

マイナンバーカードも顔写真が掲載されており、身分証として有効です。

しかし、マイナンバーカードの通知カードは身分証として使えません。なぜなら顔写真が記載されていないからです。

間違えないように注意しましょう。

その他

その他にも「在留カード」「特別永住者証明書」など、写真付きで年齢と住所を確認できれば身分証として使える場合があります。

不安な方は住民票や保険証、また卒業アルバムなどを一緒に持っていくとOKになる場合もあります。

ですが顔写真付きの免許証や学生証、マイナンバーカードがあるほうが手続きがスムーズなので、可能であれば持っておくことをおすすめします。

身分証で不可になる例

身分証で不可になる例

よくNGとなる例として、以下が挙げられます。

  • 保険証のみ
  • マイナンバーカードの通知カードのみ
  • 住民票のみ
  • 免許証・学生証のみ
  • 顔写真のない学生証

保険証のみ、住民票のみの場合、顔写真が確認できないので不可となります。

また免許証や学生証だけでは不可になるので、かならず住民票を一緒に持っていきましょう。

住民票は市役所に行けば300円程度で用意できます。

身分証明書が揃わない場合は?

身分証明書が揃わない場合は?

キャバクラの面接では、「年齢」と「顔写真」、「住所」を確認できる身分証を持っていかなくてはなりません。

これらを揃えられないという方もいらっしゃることと思います。

学生証、免許証、マイナンバーカード、パスポートのいずれも持っていないという場合、以下のもので代用できる店舗も多いです。

  • 卒業アルバム
  • 保険証
  • 住民票

年齢と住所と顔写真が確認できるので、以上の3つを揃えておけばOKというお店も数多くあります。

とはいえ、ナイトワークは身分証明に関して厳しいお店も少なくないので、きちんとした身分証がない時点でNGという場合も…。

以上の3つしか用意できない場合は必ず店舗への確認が必要です。

初心者さん
初心者さん
応募したいけど身分証をどうしても用意できない…

という場合は、ぜひ以下にお問い合わせください。

お問い合わせ|Night Job

住所が不特定な状態の場合は

キャバクラで働こうとお考えの方のなかには、「上京・上阪してきたばかりで住む家がまだない」という方もいらっしゃることと思います。

前述の通り、キャバクラは顔写真と年齢確認、住所確認ができなければ働くことは難しいので、住所が定まらない場合は面接に受からない可能性があります。

そんな方はぜひこちらにお問い合わせください。

お問い合わせ|Night Job

現在弊社では賃貸事業にも力を入れています。地域に強い不動産会社と提携しており、引っ越し後のサポートも充実。

仲介手数料無料・夜職OK・保証人なしOKの物件を、お仕事と同時に見つけることができます。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight Jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの求人に応募する際に必要な身分証について解説いたしました。

即日体験入店を希望する方は、事前に確認して必ず身分証を用意しておきましょう。

「応募したい求人があるけどうしても全部用意することができない…」

という場合は、ぜひ以下にお問い合わせください。

お問い合わせ|Night Job

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!