キャバクラ求人TOPコラムキャバ嬢は賃貸の入居審査が通りにくい?大阪で物件探しするコツとは

キャバ嬢は賃貸の入居審査が通りにくい?大阪で物件探しするコツとは

公開日:2021.2.1

キャバ嬢は賃貸の入居審査が通りにくい?大阪で物件探しするコツとは

こんにちは。ナイトジョブ編集部です!

キャバ嬢にとって、物件探しは一つの難関…。

様々な理由から入居審査に通らないと嘆くキャバ嬢はたくさんいます。

一体なぜキャバ嬢、ホステスは入居審査に通りにくいのでしょうか?

今回は水商売の物件探しが難しい理由と、大阪で物件探しする際のコツについて紹介していきます!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバ嬢の入居審査が通りにくいのはなぜなのか

ナイトワークで働く女性の悩みの一つが、お部屋探しです。

初心者さん
初心者さん
キャバ嬢っていっぱい稼いでるイメージあるけど、なんで審査通らないの…?

キャバ嬢やホステスが部屋を借りる際、入居審査が通りにくいのはなぜななのでしょうか?

まずはその理由について解説していきます。

収入が不安定だから

キャバ嬢やホステスは一般に「お金を稼いでる」「貯金が多そう」などといったイメージもあります。

しかし同時に「不安定な仕事」という印象を抱かれる場合も少なくありません。

実際にキャバクラの多くは固定給ではなく「時給+歩合制」を採用しており、給料は頑張りや指名数、お客さんの有無で変化するのが常です。

このように収入が不安定な部分があるため、水商売の方の入居を断るケースがあるのだとか。

トラブルがあると困るから

キャバクラやクラブで勤務していると、どうしても深夜や早朝に帰宅して寝るというような「昼夜逆転」の生活サイクルになります。

そのため騒音トラブルが心配という大家さんは多いそうです。

夜職というといまだに悪い印象を抱く方は少なくないため、夜のお店に勤務しているというだけで「何かトラブルを起こしそう」と判断される場合もあるのだとか。

完全に偏見ですが、やはりまだそういった古臭い考え方の方も多いということなのでしょう…。

キャバ嬢が大阪で物件探しをするコツ

とはいうものの、やはりどの部屋も入居審査が通らないなんてことはありません。

世の中にはナイトワーカー可の物件はごまんとあり、実際に多くのキャバ嬢やホステスはそこに住んでいるわけです。

ここからは大阪でそのような物件を探すコツについて紹介していきます!

ナイトワーク専門の不動産業者を頼る

入居審査が通らない、入居できる部屋が見つからないといったことで嘆くキャバ嬢やホステス、ホストが多い一方で、そう言った方々に手を貸す業者も存在します。

まず最初に紹介したいのは、ナイトワーク専門の不動産業者の存在です。

水商売や風俗といった職業に理解のある大家さんや管理会社とパイプがあるため、こういった業者に頼ればほぼ間違いなく審査に通ります。

ちなみにNight jobではそのような不動産会社と提携した賃貸事業にも力を入れています。

詳しくはコチラ⇒賃貸について |Night Job

水商売OKの物件を探す

SUUMOなどのサイトにも、水商売OKの物件はいくつかあります。

実際に検索してみると、関西だけで1,000件以上もヒット……結構な数ですね。

大阪だけでも300件を超える部屋がヒットしたので、それほど珍しいというわけでもなさそうです。

普通の不動産情報サイトでも、このように水商売(キャバ嬢、風俗嬢、ホスト)OKと書かれた物件は数多くあります。

そのような賃貸に絞って探してみるのも手です。

きちっとした服装で不動産屋さんに行く

業者選びも大事ですが、案外入居を考えている人の「人柄」も大事だったりします。

賃貸マンションの大家さんは高齢な方も多く、いかにもキャバ嬢といった出で立ちは悪い印象を抱かれる場合があります。

またあまり派手な服装だとトラブルを起こしそうだと思われてしまうことも…。

きっちりした服装で不動産屋さんに行くほうが好印象です。

家族に代理契約してもらう

最後の手段ですが、家族に代理契約をお願いする手段があります。

この場合は契約するのは自分ではなく家族のだれかになるので、水商売をやっていても審査に通ります。

入居審査が普通に通る場合もある

キャバ嬢は入居審査が通りにくいという話でしたが、あくまでもそのような場合があるというお話です。

実は普通に審査が通る場合も少なからずあります。

ここからは入居審査に通る場合について解説していきます。

昼職と兼業しているキャバ嬢はOKかも

昼職と兼業でキャバクラやクラブで働いている方が、比較的審査に通りやすいといえます。

なぜなら、昼職は夜のお仕事と比べて収入が安定しているというイメージがあるからです。

またバイトでも昼のお仕事をしていたら、勤務先の欄にそちらを優先して書くことができます。

夜がメインの方でも、このようにすれば審査が通りやすいです。

夜一本でも預貯金審査の不動産業者なら審査が通る可能性がある

キャバクラやクラブなど、夜の仕事一本でも「預貯金審査」が可能であれば通る可能性が大です。

預貯金審査とは、家賃二年分以上ある通帳の残高で審査する方法です。

夜職が入居審査を通らない理由の一つが「収入の不安定さ」による家賃の滞納を危惧してのことですが、この審査方法なら家賃の支払い能力を証明することができます。

夜職一本で、貯金が結構あるという方は預貯金審査ができるかどうか相談してみましょう。

「仲介手数料無料」「夜職OK」保証人なしOK」の物件はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバ嬢が賃貸の入居審査が通りにくい理由と、大阪で物件探しする際のコツについて紹介しました。

ナイトジョブでは「仲介手数料無料」「夜職OK」保証人なしOK」の物件を紹介することができます。

夜のお仕事と一緒に一人暮らしも始めたい!という方はぜひご相談ください。

興味がある方はこちらまで⇩

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!