キャバクラ求人TOPコラム休日デートに誘われたらどう対処する?デキるキャバ嬢の断り方

休日デートに誘われたらどう対処する?デキるキャバ嬢の断り方

公開日:2021.1.29

休日デートに誘われたらどう対処する?デキるキャバ嬢の断り方

こんにちは。ナイトジョブ編集部です!

キャバクラはお客さんから好意を持たれてナンボのお仕事です。

疑似恋愛的な要素があるからこそ成り立つ商売だといえるでしょう。

しかし、中には「お店の外」で遊ぼうとしきりに誘ってくるお客さんもいます。

初心者さん
初心者さん
正直行きたくないけど、断って傷つけるのもなあ…

お客さんとの休日デートにはどのように対応するのが正解なのでしょうか?

また傷つけない断り方はあるのでしょうか?

この記事では休日の店外デートに誘われた際の上手な対応について紹介していきます!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

そもそもキャバ嬢は休日デートを断るべき?

そもそもキャバ嬢は休日デートを断るべき?
初心者さん
初心者さん
そもそも休日デートって断ってOKなの?

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん断ってOKです。

お店側は何の強制もしませんし、「お仕事」に繋がらない付き合いは断るのが無難です。

とはいえ、絶対に断らなければいけないというものでもありません。

たとえば北新地や銀座のクラブとかだと、お店のホステスさんが休日のゴルフについていく……なんてことはよくあります。

キャバクラも同様で、お客さんとプライベートに近い付き合いを持つキャバ嬢も少なくありません。

行くメリットはあるにはある

行くメリットはあるにはある

休日デートに行くメリットも少なくありません。

もっとも大きなメリットは「お客さんと仲良くなれる」という点です。

仲良くなって来店頻度が増え、毎回指名してくれるようになればその分お給料は増えます。

なので勤務時間外ではありますが、お仕事の一環として行ってみるのもアリです。

またお客さんがデート代をすべて負担してくれるので、タダで好きなところへ行けるといった点もメリットかなと思います。

このように、休日デートは一口に無駄なものとも言い切れないのです。

連絡先を交換したばかりのお客さんとは行かなくてOK

連絡先を交換したばかりのお客さんとは行かなくてOK

とはいえ、行かないほうが良い休日デートもあります。

それは連絡先を交換したばかりのお客さんとのデートです。

フリーで来店して、連絡先を交換したばかりのお客さんから休日デートに誘われたときは要注意です。

このようなお客さんは女の子を口説くのがそもそもの目的で、休日デートという目標を達成したらお店に来てくれなくなる場合があります。

知り合ったばっかりのお客さんとの休日デートはむしろ行かないほうが吉です。

休日デートを断りたい!上手な対処法は?

休日デートを断りたい!上手な対処法は?
初心者さん
初心者さん
どう断ったらいいものか…

キャバクラはお客さんからの人気あってこその商売なので、できれば波風たてずにいたいものです。

休日デートを、できるだけカドが立たないように断るにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは休日デートの上手な断り方について紹介していきます。

お仕事がある

お仕事がある

昼職があることにすれば、休日デートを難なく回避することができるでしょう。

夜職と昼職を掛け持ちして忙しいことにすれば、無理に誘われることはないはずです。

注意点があるとすれば、それは「設定」を忘れないこと。

同じお客さんの前で掛け持ちという設定を忘れてボロを出してしまうと、ただ断るよりも悪印象を与えてしまいます。

寝てる

寝てる

キャバクラは夜のお仕事なので、昼は寝ているというのはかなり説得力があります。

「疲れてるから」といって断るのはさすがに失礼かもしれませんが、しかし休養をとっている相手を無理に誘うのはお客さん側からしても難しいもの。

伝え方次第ですが、「休ませてほしい」と素直に伝えてみるのもアリだと思います。

休日に予定があることにする

休日に予定があることにする

お仕事でなくても、優先すべき予定があることにして断る方法は盤石。

たとえば「土日は必ず実家でご飯を食べる」……などと言えば無理に誘おうとは思わなくなるはずです。

必ず行かなければならないという予定を設定することで、少なくともその曜日には誘われなくなります。

こちらも嘘がバレないように注意しましょう。

「行ける日は自分から連絡する」と言う

「行ける日は自分から連絡する」と言う

これはかなり使えます。

初心者さん
初心者さん
誘っていただきありがとうございます♡

といったうえで、「予定が詰まっている」ことを理由に「行ける日を自分から連絡する」というやり方です。

自分から連絡するというのがミソで、お客さんに「行きたいけどホントに忙しいんだな」と思わせることができます。

積極性をアピールできるだけでなく、自分から連絡するという設定にしておけば、お客さんからしつこく何度も誘われるといった心配もなくなります。

ぜひこの方法で切り抜けてみてください。

お店の決まりだと言って断る

お店の決まりだと言って断る

店外のデートがお店は禁止されている、ということにすればそれ以上誘われなくなります。

お店のルール」「お店の決まり」というのは実に便利な言葉です。

とはいえ、これはキャバクラについてよく知らない人向け。

お店のルールを知っている人なら、「そんなルールないじゃないか」とつっこまれることもあるので注意が必要です。

デートをなんとか同伴に繋げる

デートをなんとか同伴に繋げる

デートは難しいけど同伴なら…といって同伴出勤に繋げるやり方も存在します。

そもそもキャバ嬢のなかには「休日デートは絶対にしない」とお客さんにもきちんと言う方もいます。

そういういう人が実践しているのがこの方法です。

休日は会えないけど、出勤前なら空いてるよ……といった感じで、お客さんを誘導しましょう。

ただ断るよりもお仕事に繋げやすいので、おすすめです。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回は休日デートに誘われた際の対処法についてお話しました。

キャバクラで働いていると、このような誘いを受けることは珍しくありません。

絶対に行かなくてはならないものではないので、断るときは上手に断るようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!