キャバクラ求人TOPコラムキャバクラの風紀とは?罰金やクビの可能性もある…業界のタブーを解説

キャバクラの風紀とは?罰金やクビの可能性もある…業界のタブーを解説

キャバクラの風紀とは?罰金やクビの可能性もある…業界のタブーを解説

キャバクラにおいてタブーとされる行為の一つに、「風紀」があります。

知らず知らずのうちに風紀に巻き込まれていると……場合によっては罰金を課せられたり、クビになってしまう可能性も。

かなり大事なルールなので、何が風紀にあたるのか、またどうしてそれが禁止されているのかをしっかり理解したうえで働く必要があります。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの「風紀」とは何か

キャバクラの「風紀」とは何か

「風紀」という言葉の本来の意味は、社会生活を営むうえでの規律やルールのことです。また、とくに異性間の交際に関する節度について指す場合が多いとされています。

ですが、キャバクラ用語の「風紀」は本来の意味とは大きく異なります。

キャバクラを含む、水商売の世界において「風紀」とは、お店のスタッフであるキャバ嬢と黒服が交際することを指す言葉です。

一般的にはタブーとされており、面接などで「風紀をしてしまったことはありますか?」などと聞かれる場合もあります。

また、お店にとってリスクがある行為であるため、風紀が発覚したスタッフには厳しい罰則を課しているお店も少なくありません。

厳し過ぎる?キャバクラの風紀に関するルール

厳し過ぎる?キャバクラの風紀に関するルール

風紀はキャバクラやクラブなどの業界ではタブーとされています。

それに対し、厳しいルールを課しているお店も少なからずあります。

ここではよくある罰則を2つほど紹介いたします。

お店によっては罰金も…

お店によっては罰金も…

キャバクラのなかでも、罰金があるお店とないお店があります。

罰金という制度があるお店であれば、風紀には罰金が科さられる場合が大半です。

その金額はお店によって差がありますが、だいたいが50万円~100万円となっています。

折角のお給料から大幅に引かれてしまうので、それだけ重大なルール違反だということが理解いただけるのではないでしょうか。

最悪の場合はクビになる

最悪の場合はクビになる

お店にもよりますが、最悪の場合クビにされる場合もあります。

これにはお店におけるそのキャスト、スタッフの重要度も関係しています。

たとえばキャバ嬢がランク上位の人気キャストだった場合、クビにされることはありません。

しかしお店の売り上げにそれほど貢献していないキャストの場合、クビにされることも考えられます。

禁止されているのに風紀が起こる理由

禁止されているのに風紀が起こる理由

罰金や解雇になるなど、厳しい罰則があるのにもかかわらず、キャバクラには風紀によるトラブルが稀に存在します。

一体なぜ、禁止されているのに風紀が起こるのでしょうか?

その理由について解説していきます。

悩みを相談しあう関係だから

キャバクラでは男性スタッフとキャバ嬢の連携が大事になります。

そのためおのずと男性スタッフと相談する機会は多くなり、また中には個人的な悩みを打ち明ける関係になるキャストとスタッフも少なくありません。

それだけの関係ならいいのですが、そこからさらに発展し、恋愛関係に陥ってしまう場合もあります。

お互いの信頼関係ゆえに風紀へと至ってしまうパターンです。

悩みを相談するのは良いのですが、極度に距離が近づきすぎないよう注意しなくてはなりません。

出会いがないから

キャバ嬢のなかには恋愛にかける時間がない、もしくは出会いがない、という方がかなりの数います。

とくに本職としてキャバクラで働いている女性は、夜出勤して深夜~早朝に帰宅する場合がほとんどです。一般的な社会人とは逆の生活リズムになるため、異性と出会いにくいといえます。

出会いがないため、同じお店で働く男性スタッフが魅力的に見えてしまう……というパターンです。

同じ場所で一緒に過ごすから

同じ場所で過ごす時間が長いというのも理由の一つとして挙げられます。

毎日顔を合わせていると気心の知れた関係になりやすく、それゆえに相手のことを意識してしまうというパターンです。

居心地の良い環境をであればあるほどこのような風紀は起こりやすいといえます。

ですが交際へと発展することで、居心地の良い職場の雰囲気を壊してしまうことにもなるので注意しましょう。

ルックスが良い人が多いから

キャバ嬢は当然ですが、一般的にみてルックスが良い人が多いです。

男性スタッフ側がキャバ嬢に惹かれ、風紀に誘ってしまうというパターンも少なからずあります。

好みの男性から誘われて嫌な気分になる方は少ないと思います。

ですが、安易になびくと店内の人間関係が壊れてしまう場合もあるので注意してください。

なぜキャバクラで風紀はダメなのか?

なぜキャバクラで風紀はダメなのか?

そもそもなぜキャバクラで風紀がダメなのか、というお話ですが、これにはいくつか理由があります。

風紀を行ってしまうとどのようなリスクがあるのか、お店側にどんな損害を与えてしまうのかについてお話したいと思います。

お客さんにバレるリスク

風紀がいけないと言われている一番の理由が、お客さんへの「裏切り」となるためです。

キャバ嬢はお客さんに、その席限りとはいえ疑似恋愛的な要素を楽しんでもらわなければいけません。そのため、彼氏の有無はノイズでしかないのです。

お店外に彼氏がいるなら、隠すことも可能ですから問題にはなりません。しかしお店で働いているスタッフの中に交際相手がいるとすればどうでしょう。

バレてしまうリスクも高いですし、もしバレてしまえばお客さんは心の底から楽しめなくなってしまいます。

キャバクラは夢を売るお仕事です。お客さんにバレやすいような所で、お店のスタッフと恋愛関係になってしまえば、ふとしたことからお客さんの夢を壊しかねません。

お店の雰囲気への影響

風紀を行うことで、お店の雰囲気にも悪い影響を及ぼします。

たとえば……ついつい自分の彼女であるキャバ嬢を贔屓してしまう、というようなことがあるかもしれません。フリーのお客さんに優先的につかせたり、無意識のうちに優遇してしまう、となるとほかのキャストからの心証は悪くなります。

男性スタッフはキャストのことをある程度フラットに見ておく必要があります。風紀のせいでそれができなくなり、結果としてお店全体の雰囲気が悪くなることも考えられるので、お店からしてみるとかなりの損害です。

接客に影響する可能性

風紀をするということは、お店のなかに恋人がいるということに他なりません。

男性スタッフに夢中になってしまうあまり、接客が疎かになってしまう可能性があるかもしれません。大丈夫と思っていても、意識していないところで影響が出てしまうものです。

お客さんからしてみると、せっかくお金を払っているのに疎かにされるのはあんまりですよね。

色管理と風紀の違い

管理と風紀の違い

風紀とよく似た言葉に「色管理」というものがあります。

簡単に違いを説明すると以下のようになります。

  • 風紀⇒スタッフとキャストが付き合う
  • 色管理⇒付き合っているという設定でキャストを管理する

色管理は、付き合っているという設定でそのキャバ嬢を管理し、モチベーションを高めたり出勤を促したりする行為を指します。

実際の恋愛関係である風紀とは異なるので注意しましょう。

色管理についてはこちらの記事をご覧ください。

キャバクラの色恋管理(色管理)とは?見分け方やデメリットについて

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの「風紀」について解説いたしました。

風紀はキャバクラやクラブなど、水商売においてタブーとされています。

どんなに素敵な男性スタッフがいても、適度に距離を保って良き同僚として接するようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!