キャバクラ求人TOPコラム辞めたいときの対処法|キャバクラを「飛ぶ」のがおすすめできない理由

辞めたいときの対処法|キャバクラを「飛ぶ」のがおすすめできない理由

辞めたいときの対処法|キャバクラを「飛ぶ」のがおすすめできない理由

キャバクラで働いていると、「辞めたいな」と感じることがあるかもしれません。

辞めたいときはどのようにするのが正解なのでしょうか?

面倒だから無断で辞めればいい……というキャバ嬢さんも多いですが、実は無断でお店を辞めることには大きなデメリットがあります。

この記事ではキャバクラを辞めたいときの上手な対処法と、おすすめできない辞め方についてお話したいと思います。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラを辞めたい時はどうすべき?

キャバクラを辞めたい時はどうすべき?

どんなに制度が充実しているキャバクラでも、様々な理由から「辞めたい」を感じる方がいます。

実際、私自身も以前働いていた際、お店と合わなくて日々「辞めたいな~」と感じていました。

もちろん、ずっと続けなければいけないわけではないので、きちんと理由をお店側に告げて辞めるなら何ら問題ありません。

ですが、今後キャバ嬢として働き続けるつもりなのであれば、辞め方や伝え方にもいろいろと工夫が必要になります。

まずは自分がどうして「辞めたい」のかを確認してみましょう。

キャバクラを辞めたい理由

キャバクラを辞めたい理由

お店を辞めたくなる理由には様々なものがあります。

まずは自分がどのような理由からお店を辞めたくなっているのか、確認してみましょう。

主な例として、以下が挙げられます。

キャバクラのお仕事が自分に合わないと感じる

もっとも多い理由がやはりこれでしょう。

キャバクラなどの水商売は人を選ぶお仕事です。

向いている人にはとことん向いていますし、ダメな人はとことん合わない。

キャバクラのお仕事に長年関わってきて、それだけは痛烈に感じます。

ノルマや営業など、昼職にはない要素があるため、それが苦手という人もいます。

お給料が少ない

キャバクラにおけるお給料はピンキリです。

華やかな世界を夢見ていたのに、思ったよりも稼げない……とがっかりされる方も少なくありません。

時給3,000円のお店もあれば、最高時給が10,000円以上になるお店もあります。

忘れてはならないのが、大衆店か高級店か、地方か都市か、といった違いがお給料に影響するという点です。

なので、お給料に不満がある方は一度思いとどまっていただきたいと思います。

なぜなら、お店を移ることで満足のいくお給料で働ける場合があるからです。

≪≪北新地エリアで高時給の求人を探してみる

お店やスタッフと合わない

これらも「辞めたくなる」理由によく挙げられます。

とくにスタッフは、お客さんよりも多く接します。

その人間関係に悩まされることほど煩わしいことはありません。

特定のキャストのみをひいきしたり、売上が少ないことを理由に暴言を吐かれるなど……。

問題のある人間がスタッフにいる場合は働きつづけるのが難しくなります。

また、給料日を守ってくれない、説明されたよりも時給が低いなど、お店に問題がある場合もあります。

店側の問題を理由に辞めるキャバ嬢も少なくありません。

お店の客層と合わない

キャバクラはお店によって客層が大きく異なります。

たとえば東京の場合、銀座と歌舞伎町では利用客の層が全然違いますよね。

客層がそもそも合わない場合は、エリアを変えることによって働きやすくなるかもしれません。

辞めたい時の適切な対処は?

辞めたい時の適切な対処は?

キャバクラを辞めたいと思うのには、様々な理由があると思います。

それに対して、辞める場合のやり方は2つです。

ここからはキャバクラを辞めたいときの適切な対処についてお話したいと思います。

報告して辞める

基本的にいきなりお店に来なくなる、いわゆる「飛ぶ」よりも、報告して辞めるほうがスムーズです。

お店にいきなりキャストが来なくなると「何かあったのでは?」と考えるスタッフがほとんど。

なので辞めたつもりなのにいきなり電話や連絡が来る場合があるので、きちんと報告するのが無難だといえます。

とはいえ面倒なのが「理由」です。

「給料が低い」「スタッフが嫌」などと告げて辞めるのは角が立ちますよね。

また「ノルマがきついから」と伝えても「みんな頑張ってるんだし、我慢しようよ」と引き止められるのは目に見えています。

辞める理由について聞かれた場合、以下のように答えると引き止められにくいのでおすすめです。

  • 実家に帰るから
  • 昼のお仕事を見つけた or 忙しくなってきた
  • 家族や知り合いにお仕事がバレてしまった

系列店に移動・移籍

客層や一部のキャストが嫌で辞めたい場合、「系列店に移動する」という手も使えます。

お店は辞めたいけど、キャバクラのお仕事自体は辞めたくないという方も多いのではないでしょうか。

そのように考えている方は、お店と相談してみるといいでしょう。

また系列店への移動ではなく「移籍」という方法もあります。

キャバクラではすでにお客さんを持っているキャバ嬢はかなり重宝されます。

移籍しても前の店舗と変わらない時給で雇ってもらえる場合が少なくありません。

売上がある状態で移籍すると、待遇も良いので、環境を変えて働きたい方にはおすすめです。

飛ぶのはおすすめできません

反対に、おすすめできない辞め方もあります。

それはお店に無断で急に来なくなる、いわゆる「飛んだ」状態になって辞めることです。

ここからは、お店を飛ぶことによるデメリットについてお話したいと思います。

お給料がもらえない

お給料がもらえない

飛ぶと、お給料がもらえない場合があります。

もちろんこれはお店にもよりますが、無断欠勤したうえで飛ぶわけですから快く思われないわけです。

ペナルティとして半額カットされたり、最低時給で計算されたりといったケースもあります。

このように、お給料を満額貰えないだけならまだまし。

酷いお店だと、罰金を請求される可能性もあるため注意が必要です。

キャバクラで働きづらくなる可能性

キャバクラで働きづらくなる可能性

面倒なのは、飛んだもののキャバクラのお仕事は続けたいという場合。

当然次のお店を探すことになりますが、飛んでしまうとお仕事探しが難しくなります。

なぜなら、移籍先のエリアが限られてしまうからです。

辞めたお店の近くで働くわけにはいきませんし、ましてや系列店で働くことも難しいです。

またお店を飛ぶことは、お客さんを手放すことでもありますから、そういう意味でも次のお店をスムーズに見つけにくくなります。

しつこく連絡が来る場合も…

しつこく連絡が来る場合も…

「飛ぶ」ということはお店にとって大きな痛手です。

そのためお店からしつこく連絡が来る場合があります。

お店からすると、何かトラブルがあったのかもしれないと考えるのは当然です。

また、お給料についてどうするのかといった連絡をする必要もあり、連絡せざるをえないわけです。

飛んだつもりでも、しつこく連絡が来るケースも少なくないので、注意しましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラを上手に辞める方法と、おすすめできない辞め方についてお話しました。

立つ鳥跡を濁さずというように、辞め方が綺麗だと次のお仕事を探しやすいです。

移籍等を考えている方はとくに、トラブルにならないような辞め方をしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!