キャバクラ求人TOPコラム時給の相場は?キャバ嬢の時給・お給料の決まり方と初心者でも稼ぐ方法

時給の相場は?キャバ嬢の時給・お給料の決まり方と初心者でも稼ぐ方法

時給の相場は?キャバ嬢の時給・お給料の決まり方と初心者でも稼ぐ方法

時給はいくら貰えるのか。

これからキャバクラで働く方にとって、一番気になるのはこの疑問なのではないでしょうか?

水商売というと一般的に「高収入」のイメージがあります。

しかしながら、具体的にいくら稼げるのかは、実際に働いている人でなければ想像がつきにくいことでしょう。

この記事では、キャバクラの時給の相場や、どのようにして給料が決まるのか、また初心者キャバ嬢でも稼げるとっておきのコツについてお話していきたいと思います。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの時給の相場は?

キャバクラの時給の相場は?

キャバクラの時給って高いらしいけど、実際にはどれくらい?

経験者か未経験かによっても違うよ

キャバクラは一般的な居酒屋や事務系のバイトよりもはるかに高時給です。

ですが、実際にどれくらいなのかは、実際に働いたことがない方には想像が付きにくいのではないでしょうか?

ここからはキャバクラの平均時給について、「未経験」「経験者」「派遣」の3タイプに分けて解説していきます。

未経験キャバ嬢の平均スタート時給

初心者キャバ嬢の時給は大体「3,000~4,000円」くらいだね

経験のないキャバ嬢の時給はそれほど高くありません。

とはいえ、居酒屋やコンビニバイトのお給料よりもはるかに高く、少なくとも2,500円以上、3,000円~4,000円前後になる場合がほとんどです。

経験者キャバ嬢の平均スタート時給

平均すると5,000円くらいだけど、経験者の場合は元の時給やお客さんの有無によって決まる

経験者の時給相場はだいたい5,000円ほどですが、これはあくまでも平均です。

お客さんを持っている人や元のお店で稼いでいた人はおのずと時給が高くなりますし、そうした実績がなければ未経験者と同じくらいの時給になります。

派遣キャバ嬢の平均時給

派遣キャバ嬢の場合はだいたい「2,500~3,500円」くらい

店舗のキャバ嬢よりも派遣キャバ嬢は少し時給が低くなります。

なぜ低いのかというと、お客さんと仲良くなってもお店に呼べないからです。時給はそこそこ良いですが、大きく稼ぐことを考えると店舗に在籍することをおすすめします。

入店からしばらくすると時給が下がる?その理由とは?

入店からしばらくすると時給が下がる?その理由とは?

友達が、「入店してしばらくしたら時給が下がった」って言ってたんだけど、そんなことあるの?

保証期間のお給料から下がってしまう子もいるみたい…。時給保証がある間も油断せずに接客しよう!

キャバクラでは入店したばかりの未経験キャバ嬢が、いつのまにかお給料が下がっているというケースがあります。

いったいなぜ時給が下がってしまうのでしょうか?

その理由には、「保証時給」が関係しています。

体入時給・保証時給があるから

キャバクラでは体験入店時の時給、保証期間の時給がそのお店の最低時給よりも高く設定されている場合があります。

研修期間みたいなものだね!

たとえば最低時給が3,000円のお店なら、体験入店時や保証期間は4,000円で働ける……という感じです。

保証期間は1~3か月くらいのお店が多いので、その期間はお給料が下がることを気にせず、接客に専念することができます。

保証期間が終わると時給が変わる

数か月の保証期間に思ったよりも成果が挙げられず、お客さんを獲得できなかった場合は時給が下がってしまう場合があります。

お給料を下げないためにはどうすればいいの!!?

保証期間は、「その期間にお客さんを掴む」ことを目的として設定しています。

新人さんは保証期間にお客さんと交流を持ち、自分の指名客を獲得しなければいけません。

その期間を過ぎてお客さんを掴めないままでいると、保証時のお給料から下がってしまいます。

キャバ嬢の時給はどのようにして決まる?

キャバ嬢の時給はどのようにして決まる?

時給ってどんな基準で決まるの?

経験やルックスはもちろん、売り上げとかお店への貢献度でも判断されるよ

キャバ嬢の時給はどのようにして決定されるのでしょうか?

ここからはキャバ嬢の時給を決定する要素についていくつか紹介いたします。

経験の有無|キャバクラ経験者は高くなる

先ほどもお話した通り、キャバクラでは経験の有無で時給が決まります。

経験者は時給が未経験の方に比べるとお給料が高くなりやすいです。

なぜなら教育コストがかかりませんし、お客さんを連れて来れるなどのメリットが多いからです。

とはいえ、キャバ嬢のランクにもよります。お客さんのいない子や、ほぼ未経験のまま入店した場合は勤務経験があってもそれほど時給に反映されない場合があります。

ルックスのランク|ランクが高いと高時給に

同じタイミングで入店しても、ルックスのランクで時給が違う場合があります。

キャバクラはあくまでも男性を相手にしたサービスです。

それゆえ女の子のルックスがある程度良ければ、やはりそれなりに売れます。

したがって、パッと見で外見が可愛い女性はスタート時給が高くなるのです。

しかし、究極的には売り上げがすべてです。いくら可愛くても接客が全然ダメだったりすれば、時給が下がる場合があります。反対に、ルックスがいまいちでも接客ができ、売り上げを上げることができればお給料はアップします。

売り上げ|お店への貢献が評価される

キャバクラ店で最も重要視されるのが売り上げです。

売り上げの累積が評価される最大のポイントなので、きちんと売り上げを上げればそのぶんお給料が高くなります。

そのためにはお客さんを獲得するしかありません。

未経験の方は保証期間に頑張ってお客さんを獲得できるよう頑張りましょう。

ポイント|頑張りが評価される

ポイント制は多くのキャバクラ店で採用されている給料システムです。

同伴や場内指名・本指名の回数を重ねるごとにポイントが加算され、一定以上のポイントが貯まると時給が上がっていく仕組みです。

売り上げではなく、売り上げを上げるために「何をしたか」が重視されるシステムになります。

キャバクラ初心者の方はコチラのほうが稼ぎやすいかもしれません。

出勤日数|たくさん出勤すると高時給に

キャバクラで稼ぐためには、とにかく「指名客」を獲得しなければいけません。

出勤日数が多いほどお客さんを獲得できる可能性が高まります。そのため、お店としては出勤日数が多い女の子は評価する対象になるのです。

稼いでいる女の子の多くは週5日は出勤しています。

時給からいくらか引かれるってホント?

お給料から雑費が引かれるらしいけど…。雑費って具体的にはどんなの?

所得税とかヘアメイク代とか、あと送りを利用してる子は送り代も取られるよ!

キャバクラで働くと、お給料から「雑費」などという名目でいくらか引かれる場合があります。

お給料を受け取ったときに混乱しないように、雑費・引かれものについての知識も頭に入れておきましょう。

お給料から引かれる雑費

もし時給4,000円で週5日、1日6時間働いたとすれば、月収は48万円ということになりますが、実際にその額が貰えるかと言えばそういうわけではありません。

キャバクラのお給料は、毎回「雑費」がいくらか引かれた状態で振り込まれます。

具体的にはどのようなものが引かれるのでしょうか?

ここからは具体的にどういったものが引かれるのかについて例を挙げてご紹介いたします。

所得税

お給料の総支給額の10~20%を所得税として引かれます。

実際に税金を納めているかどうかはお店にもよります。

所得税が引かれていない場合は自分で確定申告をして税金を納めなければいけません。

送り代

車による「送り」を利用すると、終電以降まで働くことができるので、家が遠いキャバ嬢にとっては大変便利です。

しかしながら、送りにも欠点があります。

それは、お店によっては1回の利用につき1,000~3,000円の送り代がかかるということです。

家からの距離を考えるとタクシーの方が安いこともあるので、考えて利用しましょう。

ヘアメイク代

提携の美容院があるキャバクラも少なくありません。

お店のスペースにヘアメイクさんがいる場合、出勤したその場でセットしてもらえます。

しかし、セットを頼む場合はその分の代金もお給料から引かれてしまうので注意が必要です。

この場合のセット料金はおよそ1,000~2,000円程度になります。

厚生費

一部のキャバクラで引かれるの厚生費。

いわばこれまで挙げたものに当てはまらない雑費のことです。

たとえば空名刺を用意するお金や、冷暖房やお店に常備しているお茶代など、お店の環境を良くするのに必要なもの、くらいに思っていただければと思います。

300~500円程度のことが多いですが、あまりにも高い場合は要注意。

「厚生費」という名目でお給料をピンハネしているケースもあるので、不審に思った場合はスタッフに聞いてみてください。

お給料から罰金が引かれる可能性もある

さて、雑費以外にもお給料からいくらか引かれる場合があります。

その代表例が「罰金」です。

キャバクラのなかには、遅刻などのペナルティとして罰金制度を設けているお店も少なからずあるので、注意しなければなりません。

たとえば、以下のような罰金が例として挙げられます。

  • 遅刻……2,000~3,000円
  • 欠勤(前日連絡)……~1万円
  • 欠勤(当日欠勤)……~2万円
  • ノルマ未達成……数万円
  • ヘアセットせずに出勤した……数万円
  • 寝てしまった&潰れてしまった……~1万円

未経験キャバ嬢必見!キャバクラで時給を上げるコツ

未経験キャバ嬢必見!キャバクラで時給を上げるコツ

どうしたらもっと稼げる?

先ほどもお話した通り、未経験のキャバ嬢は経験者に比べてスタート時の時給はそれほど高くありません。

時給を上げたいのであれば、売り上げを上げたりお店に貢献するほかありません。

ここからは、未経験のキャバ嬢がお給料を上げるためのコツについて解説していきます。

フリー席をとにかく回る

未経験のキャバ嬢はとにかく、お客さんを掴まなければいけません。

そのためにはフリー席について、少しでも多くのお客さんに接する必要があります。

ボーイの人に「もっとフリー席に付きたい」と言うなど、やる気をアピールすると優先してもらいやすくなります。

本指名がないうちはドリンクバックで稼ぐこともできるので、お客さんを一杯楽しませてドリンクをガンガン稼ぎましょう。

出勤日数を増やす

前の項目の「フリー席をとにかく回る」とも少し被りますが、やはりお客さんと接する機会を増やさないことには、指名客の獲得は難しいです。

フリーのお客さんと沢山接するためには、そもそも出勤日数を増やすのが最も効率的です。

またこれはお店に対してのやる気アピールにもなります。

沢山のお客さんと接することができ、お店のボーイから「この子はやる気があるな」と思ってもらえるので、未経験キャバ嬢はとにかくたくさん出勤しましょう!

場内指名を取る

フリーのお客さんが気に入ってくれると、「場内指名」をしてくれる場合があります。

場内指名とはお店に来てくれたフリーのお客さんから、その場で指名を貰うことです。

新人キャバ嬢でも接客やルックスが良ければ初日で獲得できる可能性があります。

新人キャバ嬢にとって、場内指名は最大限活かさなければいけないチャンスです。

折角気に入ってもらえたのであれば、そのお客さんを逃さないようにバッチリ営業を仕掛けましょう。

そこからさらに仲良くなれば、本指名客になってくれる場合もあります。そのためには、場内指名を取れるように接客を頑張ってください!

ドリンクのおねだり・交渉を覚える

指名客がない場合はバックで稼ぐのも一つの手段です。

フリーのお客さんに積極的にドリンクをおねだりしてみましょう。

他の女の子が言い出さなければ自分から言わない……というのではダメです。

少しでも機会を見つけたら自分からおねだりしに行きましょう。

場の空気が盛り上がったタイミングで言い出すのがコツです。

ドリンク交渉についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。⇒最強のドリンク交渉!キャバクラでボトルやシャンパンを入れてもらう方法とは

同伴を行う

お客さんと仲良くなってきたら「同伴」に誘ってみましょう。

キャバクラの同伴とは、お客さんとお店の外で待ち合わせをして、食事などを一緒にしてからお店に向かうことを指します。

同伴をすると同伴料金が発生するのでお店としてもメリットがありますし、そのあとは指名してもらえるので同伴指名のバックが期待できます。

同伴についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。⇒キャバクラの”同伴”とは?|メリットや誘い方のコツ、注意点を解説!

そもそもキャバクラの時給はなぜ高いのか

そもそもキャバクラの時給はなぜ高いのか

そもそもキャバクラって、どうしてそんなに時給が高いの?

いろいろ大変だからね…

お客さんに口説かれる可能性がある

キャバクラは男性相手のサービスで、しかもほとんどのお客さんがお酒を飲んで酔っ払っている状態です。

そのため、口説かれたりセクハラをしてくる可能性があります。

男性から口説かれたときは「も~!誰にでもそういうこと言ってるんでしょ~!」などと言って、うまくごまかしてみましょう。

あまりにもしつこいお客さんのかわし方については、こちらの記事をご覧ください。⇒ガチ恋客を上手に手玉に取る!ベテランキャバ嬢のテクニックを解説

また、もしボディタッチなどの過度なセクハラ行為があった場合は対処する必要があります。

危険を感じる場合は黒服を呼んでもOKです。酷いことをされているのにもかかわらず、我慢する必要は一切ありません。

お触りへの対処法については、こちらの記事をご覧ください。⇒「おさわり」されたらどうする?キャバ嬢必見の対処法7選

このように、キャバ嬢というのは一般的なお仕事に比べると「口説かれる」「セクハラを受ける」危険があるお仕事なので、時給が高めに設定されているのです。

引かれものやヘアメイクなどお金がかかる

キャバ嬢として働くためには、綺麗でい続ける必要があります。

日ごろからスキンケアや体型維持を行わなければいけませんし、ヘアサロンやネイルサロンにも定期的に通う必要があります。

そして、言うまでもなく綺麗でい続けるのにはお金がかかります。

キャバクラのお給料が高いのは、そうした美容に掛けるお金もお給料に含まれているからです。

美容に関する意識が高い人のなかには、整形までしている人もいます。

そうした努力を必要とするため、時給は普通のお仕事よりも高くなっています。

身体を壊す可能性がある

キャバクラは深夜まで働くお仕事で、しかも勤務中はたくさんお酒を飲まなければいけません。

生活リズムが崩れたり、お酒の飲みすぎで身体を壊してしまう可能性があります。

人によっては厳しい環境にもなりうるため、そのぶんお給料は高くなっています。

プライベートな時間を使わなければいけない

キャバクラではお客さんと連絡先を交換してやり取りすることがほとんど必須になっています。

LINEでお客さんを呼んだり、同伴の約束をするのもキャバ嬢の大事な仕事の一つです。

お客さんとのやりとりは営業時間外でも行うのが当たり前です。

プライベートな時間でも返信を行わなければいけません。

そのぶんを還元する意味でも、時給が高いわけです。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか、今回はキャバ嬢の時給についてお話いたしました。

キャバクラは頑張り次第で時給7,000円など、高時給で働けるお仕事です。

「もっと稼ぎたい」という方は、まずは週5日以上出勤してみるのがおすすめです!

出勤日数が増えることでお客さんと接する時間が増えますし、またお仕事にも慣れるので指名客を獲得するための一番の近道だといえます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!