キャバクラ求人TOPコラムパパ活とキャバクラはどう違う?デメリットもご紹介

パパ活とキャバクラはどう違う?デメリットもご紹介

公開日:2020.12.21

パパ活とキャバクラはどう違う?デメリットもご紹介

こんにちは。ナイトジョブ編集部です!

女性が稼げる夜のお仕事は、時代とともに移り変わるもの。

近年はキャバクラなどのナイトワーク・水商売に代わり、“パパ活”を選ぶ方も増えています。

とくに2020年3月以降、新型コロナウイルスの影響もあってかパパ活を選ぶ女性が急増しているとか。

しかしパパ活にはデメリットも多く、性的関係の強要などの危険も伴うため基本的にはあまりお勧めできません。

ベテランキャバ嬢
ベテランキャバ嬢
お店で働くほうが絶対に安全だよ!

さて、パパ活とキャバクラにはどのような違いがあるのでしょうか?

この記事ではキャバクラとパパ活の異なる点や、パパ活のデメリットについて解説していきます!

関連記事

キャバクラとパパ活の違い

https://nightjob.info/industry/morning-caba/
初心者さん
初心者さん
パパ活とキャバクラの違いを知りたい!

という方のために、ここからは異なる点について解説していきます。

お客さんの集め方

お客さんの集め方

キャバクラは店舗掲載が行える広告媒体やSNS、HPで集客するのに対し、パパ活の主戦場はアプリやSNSです。

連絡先を交換するなど、自分から行動しなければ集客にはつながりません。

たいしてキャバクラはお店にお客さんが来てくれるので、集客力はより高いといえます。

サービス内容

サービス内容

キャバクラのサービスは、お客さんの隣に座ってお酒を作ったりタバコに火を付けたりしながらお喋りをすることです。

売り上げのために営業したり、同伴やアフターをこなすのもキャバ嬢の務めになります。

対してパパ活は男性と金銭をもらってお茶や食事を共にします。

これだけ聞くとキャバクラよりも簡単に思えますが、しかし身体の関係を迫られる場合も少なくありません。

キャバクラではそういった行為は禁止されていますが、パパ活には「大人」や「円」、「ラブパパ」などと呼ばれる事実上の援助交際も横行しているのです。

給料の違い

給料の違い

キャバクラの時給は4,000円以上。経験や容姿次第では時給7,000円以上を保証してくれるというお店も少なくありません。

対してパパ活はお茶、食事のみだと1回1万円程度。

身体の関係に発展した場合は1~3万円ほどと、単価のみで見れば水商売より高いです。

なので空いた時間にやるお小遣い稼ぎには、キャバクラよりもパパ活のほうが適しています。

しかしパパ活は、相手である男性を見つけなければ、お給料も当然ゼロに…。

結果的に安定して稼げるのはキャバクラなどの水商売だといえます。

日払いか後払いか

日払いか後払いか

キャバクラは月給制のお店が多く、月のお給料はまとめて振り込まれることになります。

たいしてパパ活は、男性と会ったその日にお給料が受け取れるため、多くが日払いです。

日払いか後払いか、というのもキャバクラとパパ活の大きな違いといってもいいでしょう。

とはいえ、キャバクラにも様々な待遇があり、なかには全額日払いも可能だというキャバクラ店も存在します。

時間の融通

時間の融通

キャバクラはシフト制で、曜日を固定して働く必要があります。

対してパパ活は自由出勤……というか働けない日には相手を探さなければいいだけ。

もし都合が悪くなった場合は、キャンセルすることだってできます。

より融通が利くのはパパ活ということになるでしょう。

この点はパパ活のメリットともいえます。

危険の有無

危険の有無

キャバクラはお店で接客するのに対し、パパ活は喫茶店やレストランなどに一緒に向かいます。

決定的な違いは、スタッフの有無です。

キャバクラは女の子の助けになってくれるボーイなどのスタッフが常にいますが、パパ活はそのようなスタッフはいません。

キャバクラにも同伴やアフターなど、店の外でサービスする場合もありますが、店の中はとにかく安全です。

パパ活はそうした、いざというときに守ってくれる人がいません。

基本的になにがあっても自己責任になるので、より危険が多いといえます。

デメリットが多いパパ活

ベテランキャバ嬢
ベテランキャバ嬢
自由度が高いぶん、何かあっても自己責任に…

パパ活のデメリットを挙げると以下のようになります。

  • 身体の関係を求められる可能性がある
  • 単価は高いが安定していない
  • キャバクラよりも危険が伴う

パパ活はキャバクラよりも時間を自由に使えて単価は高いですが、継続して稼ぎにくいといった特徴があります。

また性的な関係に発展する可能性もあり、危険もキャバクラより多いです。

安定性と安全性を考えると、キャバクラやニュークラブといった水商売を選択するほうがおすすめできます。

この時期でも稼げるキャバクラ店

この時期でも稼げるキャバクラ店

パパ活はどちらかというと、それで生計を立てることができるお仕事というよりは、時間が空いた時にできる単価の高いアルバイトのような感覚です。

キャバクラは安定しており、努力次第でどんどん稼げるようになります。

新型コロナウイルスの影響でパパ活のようなお仕事をはじめた方は多いかもしれません。

しかし夜のお店が持ち直してきている今、水商売のほうが安定して稼ぐことができます。

この時期でも稼げるお店は多く、また時短営業要請の影響を受けにくい朝キャバ、夜キャバを営業しているところも少なくありません。

ぜひ自分に合った求人を探してみましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラとパパ活の違いについてお話しました。

今流行りのパパ活ですが、リスクがあり安定もしていないのであくまで時間が空いたときのお小遣い稼ぎといったところ。

月数十万など明確な目標がある方にはキャバクラなどのナイトワークがおすすめです。

ぜひNight jobで、キャバクラやクラブ、ラウンジといった夜職の求人を見つけてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

CLUBtower|北新地キャバクラ求人
北新地

CLUBtower
時給:7,000円~

Club SURPASS|北新地キャバクラ求人
北新地

Club SURPASS
時給:6,000円~

CLUB HORUSU|北新地キャバクラ求人
北新地

CLUB HORUSU
時給:7,000円~

今なら入店祝い金5万円もらえます!