キャバクラ求人TOPコラム人間関係は面倒?キャバクラの派閥争いを回避する方法について解説

人間関係は面倒?キャバクラの派閥争いを回避する方法について解説

人間関係は面倒?キャバクラの派閥争いを回避する方法について解説

キャバクラといえば女性の多い職場。働くにあたって「人間関係」が心配という方は多いのではないでしょうか。

そのため女性社会特有の「喧嘩や派閥争い」が多いのでは、というイメージが根強くあります。

実際にはどうなのでしょうか?

この記事では、キャバクラにおける人間関係・トラブル回避の方法について詳しく解説いたします。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラの人間関係は厳しい?

キャバクラの人間関係は厳しい?

キャバクラというと人間関係が面倒で、派閥やランク争いによるトラブルが多い……というイメージがあるかもしれません。

実際、キャバクラなど夜のお仕事を描いたドラマや漫画では、そのような側面が取り上げられる場合が少なくありません。

ですがそれはあくまでもフィクションです。

キャバクラはチームワークが問われる場面も多いですし、和気あいあいとした雰囲気のお店も数多くあります。

ドラマなどで取り上げられるような、殺伐とした雰囲気のお店はめったにありません。

とはいえ、人間関係に関して何の心配もないかといえば嘘になります。

ベテランのキャバ嬢であればあるほど、お客さんに対して接する時と同じように、キャスト同士の上下関係やマナーを重んじるからです。

良くも悪くも上下関係のある世界

良くも悪くも上下関係のある世界

キャバクラではお客さんに対する礼儀作法、マナーがなっていなければ、なかなか稼ぐことが難しいお仕事です。

そのためか、とくに目上の人との接し方についてうるさい方は多いといえます。

たとえば先輩キャストに対して挨拶しなかったり、最初からタメ口で接していると、「この子は礼儀がなっていない」とみなされてしまう場合も…。

キャバクラの人間関係はマナーが大事

キャバクラの人間関係はマナーが大事

大事なのは「人として当たり前のこと」です。

後述しますが挨拶や礼儀作法がなければ、キャバ嬢として不適切とみなされてしまいます。

また他キャストに迷惑を掛けないことも肝心です。

キャバクラで働くためには人として最低限のマナーを守って、また他キャストの迷惑になるような行いは避けましょう

逆にいえば、それさえ守っていれば理不尽ないじめにあったり、トラブルに巻き込まれることは少ないといえます。

キャバクラにおける喧嘩・人間関係のトラブルの原因は?

キャバクラにおける喧嘩・人間関係のトラブルの原因は?

前述の通り、キャバクラではドラマや漫画で取り上げられるような厳しい人間関係はありません。

しかし最低限のルールやマナーを守っていなければ、トラブルに発展する恐れがあります。

ここからは、キャバクラにおける人間関係のトラブルの原因になる行為を上げていきます。

爆弾行為によるトラブル

爆弾行為によるトラブル

爆弾行為はキャバクラにおけるタブーの総称です。

たとえば、ヘルプについた席で他キャストのお客さんと連絡先を交換して、奪ってしまう……このような行為はやってはならない禁則事項に挙げられます。

ほかにも枕営業など、キャバクラには「やってはいけない」とされるルールがいくつかあります。

キャバクラの爆弾行為に関してはこちらの記事をご覧ください。⇒キャバ嬢の”爆弾”(バクダン)とは?気を付けるべき禁止・NG行為を解説!

ヘルプの席などでキャストの個人情報を言う

ヘルプの席などでキャストの個人情報を言う

ヘルプ席で他キャバ嬢の個人情報を言うのも、キャバクラではやってはいけない行為とされています。

キャバ嬢によってはストーカー客が付きやすく、むやみに住んでいる場所や行動範囲をお客さんにあかしていない場合があるのです。

情報開示に気を遣っているのに他のキャストが「〇〇ちゃんって△△に住んでるんだって」とお客さんに告げ口するとどうでしょう。

そもそもキャバ嬢が、お客さんに個人情報を明かすこと自体あまりおすすめできません。

なので、他のキャストについてもお客さんに言わないようにしましょう。

人間関係以前に挨拶ができていない

人間関係以前に挨拶ができていない

ある意味一番大事なのが挨拶です。

というのも、どんなに失敗の多いキャストでも、挨拶さえしっかりしておけばなんとなく「この子はしっかりしているな」という印象になるからです。

たかが挨拶と思われるかもしれませんが、挨拶が人に与える影響は絶大です。

逆に挨拶ができないと「その程度の子」として扱われてしまいます。

悪口を言う

悪口を言う

嫌われるキャバ嬢の特徴として「悪口」が多いというのがあります。

そもそも悪口を言うキャストはお客さんからしても良い印象はありません。

自分も言われているかもしれない、と考え客足が離れていく場合も多いです。

それはキャスト間でも同じこと。いかに仲のいいキャバ嬢でも、げんなりしてしまうものです。

お客さんはもちろん、スタッフや他のキャストの悪口は言わないようにしましょう。

キャバクラにおける派閥争い・トラブルを回避するには?

キャバクラにおける派閥争い・トラブルを回避するには?

キャバクラの人間関係のトラブルを回避するにはどうすればいいのでしょうか?

ここからは派閥争いやトラブルを回避する方法についてお話いたします。

売上に関する自慢話をしすぎない

売上に関する自慢話をしすぎない

キャバクラは実力主義の世界です。

どのお店もキャバ嬢同士は仲良く、和気あいあいとしているしているものです。しかしやはり、お店により貢献しているキャストが優遇されるのもまた事実。

お客さんをどれだけ呼べたか、どれだけの売り上げを出せたかなどといった話題は、売れていないキャストからすると嫌味に聞こえてしまう可能性があります。

これはキャバ嬢同士の距離感にもよりますが、あまり給料や売り上げに関する自慢はしないようにしましょう。

失敗や失礼があれば謝る

失敗や失礼があれば謝る

人として当たり前のことですが、失敗や失礼があれば謝りましょう。

お客さんに不快な思いをさせてしまって、謝罪しないキャバ嬢はまずいないと思います。

それは他のキャストにしても同じです。

キャスト間で何か失敗してしまったときも、開き直ったり言い訳したりせず素直に謝るようにしましょう。

キャスト同士で必要以上に仲良くしない

キャスト同士で必要以上に仲良くしない

キャバクラで働いていると、待機室に居るキャストと仲良くなる場合があります。

それ自体は悪いことではありませんが、気を付けていただきたいのは必要以上に仲良くしないことです。

前述の通り、キャバクラではキャバ嬢からお客さんに自分の情報を開示する場合にはかなり注意が必要です。

間違っても住んでいる場所や行動範囲を明かしてはいけません。

仲のいいキャストができると、ついついそうした情報について喋ってしまうこともあるでしょう。

そうすると、そのキャストからお客さんへ……というパターンも考えられます。

キャスト同士の連帯が生まれること自体は否定しません。

ですが、プライベートにまで踏み込んだ付き合いは極力避けるようにしましょう。

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラの人間関係やトラブル回避の方法についてお話しました。

キャバ嬢として働くうえで、キャスト間の人間関係はむしろ味方になってくれることも多いです。

なので人としてのマナーやルールを守って、敵を作らないように振る舞うのがおすすめ。

ぜひ面倒な人間関係を味方に変えて、お仕事に活かしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

体験入店ならNightjobで決まり!

信用信頼のある大手グループや法人営業、しっかりと許可を取り経営してる【優良店】のみを厳選掲載!
未経験から始めるあなたにおすすめ♪ ナイトワーク求人・体験入店専門サイト「Nightjob」で、自分にあったお仕事を見つけましょう!

BLOGS新着記事一覧

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!