キャバクラ求人TOPコラムキャバクラでよく出る「日本酒」の価格相場・種類・飲み方をご紹介!

キャバクラでよく出る「日本酒」の価格相場・種類・飲み方をご紹介!

キャバクラでよく出る「日本酒」の価格相場・種類・飲み方をご紹介!

キャバクラでは日本酒が出ることも少なくありません。

様々なお客さんが来られるので、日本酒を置いてあるお店は多いです。

今回のテーマは日本酒

キャバクラでよく出る日本酒の定番や価格相場についてご紹介いたします!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

キャバクラで「日本酒」は飲める?

キャバクラで「日本酒」は飲める?

キャバクラと言うとシャンパンやワインがよく出るイメージがあるかと思います。他にも焼酎や、ウイスキー、ブランデーはキャバクラの定番ドリンクですね。

そうした定番からは少し外れますが、日本酒を好むお客さんも少なくありません。

そもそも日本酒とは

そもそも日本酒とは

日本酒の定義は法律で定められています。

  • 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  • 米、米こうじ及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの

このどちらかを満たした上で、

  • アルコール度数が22度未満

以上の条件に当てはまるものを「清酒」と定義しています。

日本酒とは? | 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」 (sake-times.com)

一般的に「日本酒」とは上記の条件に当てはまる清酒のことを指します。

といっても……さすがにここまで覚えなくてもOK。

キャバ嬢が覚えていて得なのは、どちらかというと種類や分類の方です。

キャバ嬢が覚えておくべき日本酒の分類

キャバ嬢が覚えておくべき日本酒の分類

たとえば「吟醸」「大吟醸」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

この二つの何が違うかといえば、「精米歩合」です。

精米歩合は米を削って残った部分がどれだけ入っているを示す割合のことで、吟醸は精米歩合が60%以下、大吟醸は50%以下となっています。

下記のように、精米歩合の割合によって日本酒の分類は異なります。

精米歩合70%以上 一般酒(普通酒)
精米歩合70%以下 本醸造酒
精米歩合60%以下 特別本醸造酒
精米歩合の規定なし
+醸造アルコール
純米酒
精米歩合60%以下
醸造アルコール添加なし
特別純米酒
精米歩合60%以下
+醸造アルコール
吟醸酒
精米歩合60%以下
醸造アルコール添加なし
純米吟醸酒
精米歩合50%以下
+醸造アルコール
大吟醸酒
精米歩合50%以下
醸造アルコール添加なし
純米大吟醸酒

精米歩合の割合が低いものほど手間がかかり、質が高いとされています。たとえば醸造アルコールを原料に使用せず、精米歩合50%以下の純米大吟醸酒が日本酒としては最も高価です。

また、精米歩合によって日本酒の味は異なります。たとえば吟醸酒はフルーティーな味わいです。それに対し、大吟醸はクリアだと言われています。

キャバクラで提供される日本酒の定番は?

キャバクラで提供される日本酒の定番は?

キャバクラでは他のお酒とくらべ、日本酒が飲まれることはそれほど多くありません。置いてある日本酒もかなり限られています。

基本的には新年会などのイベント時に開けられる場合が多く、それ以外では飲みきりサイズの日本酒が主に人気です。たとえば飲みやすいスパークリング日本酒の「澪(みお)」は、キャバクラでも置いてある確率の高い日本酒の一つです。

澪(みお)

澪は根強い人気を誇るスパークリング日本酒です。

「松竹梅白壁蔵」という日本酒をベースにしており、フルーティーで爽やかな飲み口が魅力。

アルコール度数は5度と一般的な日本酒に比べると低めになっており、女性でも飲みやすくなっています。

価格相場

2000円前後(キャバクラでの値段)

飲み方・割り方

炭酸が入っているので割って飲んだり、温めて飲むのはおすすめできません!

基本的にはよく冷やして飲むのが一番です。氷を入れて飲むのもおすすめ。

種類

  • 【澪】
    フルーティーな味わいが魅力。マスカットのような風味がとても爽やかです。
  • 【澪DRY】
    甘味が抑えられたタイプ。りんごのような風味で、甘いお酒が苦手な人にもおすすめです。
  • 【澪一果】
    果実感を押し出した商品。イチゴとバナナの2種類があり、すっきりと飲みやすい味わいです。

うたかた

月桂冠が京都のテキストブランド「SOU・SOU」とコラボレーションしてできたスパークリング日本酒。花柄の瓶が非常に人気です。

アルコール度数は5%と低く、すっきりとした味わいが特徴。

価格相場

2000円前後(キャバクラでの値段)

飲み方・割り方

こちらもスパークリング日本酒なので、割って飲んだり、温めて飲むのはおすすめできません!

基本的にはよく冷やして飲むのが一番です。氷を入れて飲むのもおすすめ。

SHUSHU(シュシュ)

「日本酒をもっとカジュアルに」というコンセプトのもと大手酒造メーカー沢の鶴株式会社が開発した純米酒です。

180mlの小容量となっており、普段日本酒を飲まない人でも親しみやすい、クセのない味わいです。

価格相場

2000円前後(キャバクラでの値段)

飲み方・割り方

冷やしてボトルのまま飲むほか、カクテルにも向いています。

フルーツと相性が良いため、フルーツ系のカクテルを作るのにおすすめです。

種類

  • 【SHUSHU】
    柔らかな甘みとほのかな酸味を感じるバランスの取れた味わいです。180mlと小ぶりなサイズなので、ボトルのまま飲むこともできます。
  • 【SHUSHU Light】
    おいしさはそのままアルコールを抑えた商品。飲みやすいので日本酒が苦手な人にもおすすめできます。

大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はキャバクラで出る日本酒について紹介いたしました。

キャバクラで日本酒はあまり出ませんが、お酒好きな人と同伴に行くことも少なくないので、覚えておくと何かの役に立つかもしれません。

その時はぜひこの記事を参考にしてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

Popularity人気急上昇求人

今人気急上昇中の求人店舗をご紹介!
キャバクラ・ラウンジ・クラブ・ニュークラブetc..
この機会をお見逃しなく

今なら入店祝い金5万円もらえます!