キャバクラ求人TOPコラムキャバクラとコンカフェの違いとは?時給や客層などの観点から徹底解説!

キャバクラとコンカフェの違いとは?時給や客層などの観点から徹底解説!

公開日:2021.3.15

キャバクラとコンカフェの違いとは?時給や客層などの観点から徹底解説!

こんにちは。ナイトジョブ編集部です!

キャバクラから風俗まで……女性向けのお仕事というのは世の中に数多くありますが、中でも最近人気なのが「コンカフェ」ことコンセプトカフェです。

キャバクラとコンカフェにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は異なる点を時給などの観点から詳しく解説したいと思います!

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

コンカフェ(コンセプトカフェ)とは?

コンカフェ(コンセプトカフェ)とは?

コンカフェとは、「コンセプトカフェ」の略です。

お店ごとにコンセプトがあり、それに合わせた衣装を着たり、世界観に合ったキャラクターを演じながら接客を行います。

一番有名なのは「メイドカフェ」でしょう。

そのほかにも、ナース服を着て接客するお店や、アニメのコスプレ衣装を採用しているお店など…様々なタイプのお店があります。

コンカフェ(コンセプトカフェ)とメイド喫茶は違う?

コンカフェ(コンセプトカフェ)とメイド喫茶は違う?

コンカフェとメイド喫茶は、厳密には違います。

法的な根拠に基づくジャンル分けが異なり、喫茶店は「喫茶店営業」、カフェは「飲食店営業」に分類されます。

「○○喫茶」と名の付くお店はアルコールや調理が必要な食事メニューの提供ができません。対して「カフェ」はアルコール、食事ともに提供可能です。

分類上、コンカフェとガールズバーは同じ区分となっています。

ガールズバーとキャバクラの違いについて知りたい方はコチラの記事をご覧ください!

キャバクラとガールズバー、大阪の求人に応募するならどっち?お給料の相場は?

コンカフェとキャバクラの違い

コンカフェとメイド喫茶は違う?

「女性が働くお店」「お客さんは男性が多い」という意味では共通点のあるコンカフェとキャバクラですが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?

ここからはコンカフェとキャバクラの異なる点について詳しく解説していきます!

給料・時給の違い

給料・時給の違い

キャバクラとコンカフェの最も大きな違いが、給料・時給です。

キャバクラは時給3,000円はあたりまえ、7,000円や10,000を越えるような高級店も珍しくありません。対してコンカフェは凡そのお店が時給1,500円~となっています。

同じような「女性向け」のお仕事と比べると、コンカフェはやや時給が安いです。

並び的には…
クラブ>キャバクラ>ガールズバー>スナック>コンカフェ
という感じ。

より稼ぎたいのであれば、キャバクラやクラブで働くのがおすすめです。

キャバクラやクラブなど、いろいろな業種の女性向け求人について知りたい方はコチラの記事をご覧ください!

こんな今だからしっかり稼ぎたい。風俗以外の女性向け求人【24選】

お客さんのタイプや年収など「客層」の違い

お客さんのタイプや年収など「客層」の違い

コンカフェの客層はかなり幅広くなってきており、最近は女性のお客さんも増えてきています。

しかしながらやはり男性が大半を占め、アニメやゲームが好きな「オタク系」の方が多いです。

対してキャバクラは、基本的に社会的地位のある男性が多く、趣味や仕事上の役職も様々です。

コンカフェに比べてキャバクラは料金が高いため、より社会常識のある男性が訪れやすいといえます。

お店があるエリアの違い

お店があるエリアの違い

コンカフェが特に多いのは、東京なら池袋や秋葉原、大阪なら日本橋の付近です。

とはいえ最近はいわゆる“アニメ系のショップ”が多いエリアを飛び出し、広く展開しています。

たとえば大阪なら梅田や心斎橋にもコンカフェは多く、需要に合わせて幅広く展開している印象です。

キャバクラは東京なら新宿や銀座など、主要駅近くには必ずといっていいほどあり、大阪はキタ(北新地・梅田)とミナミ(難波・心斎橋)にたくさんあります。

コンカフェの発信地は電気街、キャバククラは歓楽街に多いという感じです。

世界観重視かサービス重視の違い

世界観重視かサービス重視の違い

コンカフェは「コンセプトカフェ」という名称からもわかる通り、お店のコンセプトや世界観をかなり重要視しています。

お店ごとに設定や用語があり、内装なども含め作りこみがあるお店が多いです。

キャバクラはそういった世界観・コンセプトの作りこみはありませんが、サービスの充実で勝負しています。

コンカフェは軽い接客だけなのに対し、キャバクラは会話したり、お酌をしたりといったコミュニケーションに時間を割きます。

隣に座って“接待”できるかどうかの違い

隣に座って“接待”できるかどうかの違い

お客さんの隣に座って長時間談笑したり、カラオケでのデュエットしたり…

これらの行為は風営法において「接待行為」と位置付けられています。

風俗営業許可を持っていない店舗では、これらの行為を行ってはいけないのが決まりです。

コンカフェは風俗営業の許可を取っていないお店がほとんどなので、「接待」はできません。

対してキャバクラは「風俗営業1号店」に分類され、接待行為を行うことができます。

サービスには似ているところがありますが、法的には別物なのです。

キャバクラと風営法についてより詳しく知りたいかたは、コチラの記事をご覧ください!

キャバクラ店摘発⁉風営法と営業時間について詳しく解説

同伴やアフターがあるか否かの違い

同伴やアフターがあるか否かの違い

お客さんと外食してから一緒にお店へと向かう「同伴」や、お店で接客した後で料亭や居酒屋へ同行する「アフター」は、キャバクラにおいてはよくあるサービスです。

対して、コンカフェでは同伴・アフターともにほとんどのお店で禁止されています。

お客さんとお店の外で接することができるか、というのもコンカフェとキャバクラの大きな違いの一つです。

同伴についてもっと詳しく知りたいという方はコチラの記事をご覧ください!

キャバクラの同伴とは?|大阪・北新地で指名につながる同伴のコツ

ビラ配りがあるか否かの違い

ビラ配りがあるか否かの違い

コンカフェには道路使用許可を得てビラ配りを行うお店も少なくありません。

中にはビラ配りと称して客引きを行うようなお店も存在します。

キャバクラはビラ配り・客引きを行うお店はほとんどありません。

もしあっても、違法なお店やぼったくり店が多いです。

どんな女性が向いている?

どんな女性が向いている?

コンカフェ・キャバクラにそれぞれ向いているのはどんな女性でしょうか?

ここからはどんな女性がキャバクラ・コンカフェに向いているかについて、お話していきます。

キャバクラに向いている女性

キャバクラは接客が主になるお店で、店舗ごとの「決まりやルール」がどちらかといえば厳しい傾向にあります。

また、男性に向けての接客がほとんどであるため、男性を相手にするのが苦手という方は難しいといえます。

以下のような人はキャバクラに向いています。

  • 接客に自信がある、もしくはできるようになりたい
  • ドレス系のゴージャスな衣装で働きたい
  • 男性が相手の接客でも平気
  • 出勤時間が夜でも大丈夫
  • 給料にある程度こだわりがある

コンカフェに向いている女性

コンカフェは世界観重視のお店で、「設定やキャラ付け」を重要視する傾向にあります。

男性が「相手の接客業」である点はキャバクラ同様です。

以下の人はコンカフェに向いています。

  • キャラを演じたりするのが好き
  • コスプレ系のかわいい衣装で働きたい
  • 男性が相手の接客でも平気
  • 給料にこだわらず、楽しく働きたい

闇が多い?未成年者飲酒などの問題

闇が多い?未成年者飲酒などの問題

コンカフェは未成年者でも働けるお店が多く、またお店の傾向としても若い女性を多く採用しています。

そのため、未成年者の飲酒などのトラブルが少なからずあるようです。

また、コンカフェとは名ばかりで、キャバクラのような接待行為を行うお店も数多くあります。

水商売には抵抗があるけど「カフェ」だから大丈夫……という気持ちで働き始めて想像とのギャップから辞めていくキャストも少なくありません。

もちろんキャバクラでもそのようないざこざ、トラブルがあるお店はあります。

どちらも事前の口コミや評判を見て働くかどうが決めるのが一番です。

稼ぎたい方は夜職がおすすめ

コンカフェよりも稼ぎたい方はキャバクラなどのナイトワークがおすすめです。

当サイトでは「キャバクラ」「クラブ」「ニュークラブ」「ラウンジ」の4タイプのナイト求人を掲載しております。

未経験~経験者まで幅広く活躍できます。店舗数も全国にたくさんあります!接客はマンツーマンが基本。まずは体験にGO!

<<この記事を読む

ママのいる業種。オーナーが女性のお店が多いです。落ち着いた高級店が多く、お客様もホステスも年齢層が少し高めです。

<<この記事を読む

キャバクラより落ち着いた高級店といった感じ。未経験でも可能ですが、キャバクラやガールズバーからのステップアップにおすすめ!

<<この記事を読む

クラブより賑やかなイメージです。ママのいるお店が多く、お客様や女の子の年齢層も幅が広いです。お水の入門にもおススメです!

<<この記事を読む

キャバクラとほかの業種を比較したい人におすすめの記事一覧

キャバクラのように男性を相手にする接客業は少なくありません。

キャバクラとほかの業種を比較したい方は以下の記事がおすすめです!

まとめ|大阪のキャバクラ求人はNight jobで

いかがでしたか?

今回はコンカフェ(コンセプトカフェ)とキャバクラの違いについてお話しました。

キャバクラもコンカフェも同じ女性が働くお店ですが、より稼げるのはキャバクラの方です。

ナイトジョブでは稼げる大阪のキャバクラ求人を多数掲載しております。

ナイトワーク求人をお探しの方は、ぜひ当サイトをご活用ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

≪≪Night Jobでキャバクラ求人をチェック!

今なら入店祝い金5万円もらえます!